【厳選】ズッキーニが主役級においしい20レシピ!こんな食べ方もあるよ

夏が旬のズッキーニは、実はいろんな調理法で楽しむことができるってご存知でしたか?トマトやなすと一緒に煮込んだラタトゥイユが定番ですが、今回はそれ以外のレシピもご紹介!ズッキーニの淡白な味を生かした20レシピ、ぜひお試しください。

こんなにある!ズッキーニのレシピ

どちらかといえばマイナーな食材である「ズッキーニ」ですが、みなさんは食べたことがありますか。

見た目は少し太めのきゅうりのようですが、分類がウリ科カボチャ属なので、実はカボチャの仲間なのです。けれどカボチャと違って熟す前に収穫して食べるのが一般的。そのため色は「緑・黄・黒」といろいろあり、珍しいものでは白い色をしたズッキーニや、花ズッキーニという種類もあります。
そんなズッキーニの旬は初夏〜夏。ズッキーニは熟す前に収穫しますが、収穫後の追熟はせずにすぐに食べるのがおいしく食べる秘訣です。
ズッキーニを選ぶ時は、切り口が新しく新鮮なものを選ぶのがポイント。また、上から下まで太さが均等で、表面に艶があり傷がないものがよいようです。育ちすぎたものは味が落ちるので、あまり大きいものは避けた方がいいでしょう。

ラタトゥイユのような煮物系だけでなく、スープやパスタにもぴったりな食材で、薄くスライスして生でも美味しく食べることができます。

上手な保存方法

ズッキーニは、買ってきてその日の新鮮なうちに食べたほうが絶対おいしいのですが、もし保存する場合は、乾燥をさけるために新聞紙などで包み冷蔵庫に入れれば3〜4日間保存が可能です。

冷凍庫で保存する場合は、カットしたものをかた茹でして保存することもできますが、食感が少し落ちるので気をつけてくださいね。

生でもOK!ズッキーニのサラダレシピ4選

1.ズッキーニのシンプルサラダ

きゅうりの代わりに、ズッキーニを使ったサラダを作ってみませんか?見た目も食感もきゅうりに似ていますが、きゅうりほど水っぽくなく、シャキシャキとして美味しくいただけます。栄養素のカリウムは水に溶け出しやすいので、スライスしたあとに水にさらしすぎないのがポイント。

ITEM

はごろも シャキッとコーン

内容量:190g

¥119〜 ※2018年5月31日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2.ズッキーニとベーコンのサラダ

ズッキーニはスライサーで薄く輪切りにして水にさらします。ベーコンは2cm幅にカットして、色がつくまで焼いたらしっかりと油を切っておきましょう。トマトやパセリも用意して、彩りよく盛り付けしてください。クセもないので、野菜嫌いのお子様にもおすすめのサラダレシピです。

3.くるくるズッキーニのサラダ

薄くスライスしたズッキーニで、ジューシーなソーセージを巻いたサラダレシピ。つまみやすい形で調理も簡単なので、お弁当のおかずやおつまみとしてもいいですね。油で炒めることで、野菜が苦手なお子さんでも食べやすくなりますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS