盛り切り(もっきり)の飲み方は?

盛り切り(もっきり)を上手に呑むためには、どうしたら良いのでしょうか。テーブルを汚さないスマートな飲み方をご紹介します。

1. グラスを持ったら、升にお酒を少しうつして量を減らします。
2. グラスを升から持ち上げて、お酒を飲みます。
※グラスを持ち上げたとき、日本酒がついているため、おしぼりで抑えて水滴をこぼさないようするのがスマートです。
3. グラスのお酒が少なくなってきたら、升に入っているお酒をグラスへ注ぎます。

一般的にはグラスの日本酒を先に吞み、減ったら升から追加します。また、直接升から飲んでも問題ありません。どちらから呑むという決まりはありませんので、升から漂う木の香りを感じながら日本酒を堪能するのも良いですね。

適量の日本酒で楽しい時間を♪

数あるお酒のなかでも、日本特有の日本酒は原料や作り方、産地によって味わいもさまざま。知れば知るほどその魅力にハマってしまうのではないでしょうか。一合や一升などの数え方も知っていると、より日本酒の世界を堪能できますね。

ただし、日本酒はほかのお酒と比べてアルコール度数・カロリーが高いため、飲みすぎには注意が必要です。適量を守りながら、食事と一緒に楽しんでみてはいかがですか?
※アルコールのカロリー計算に関して、厳密には1ml=1gではありませんが、換算の差がごく少数のため、当サイトでは1ml=1gとして算出しています。
【参考文献】
(2021/08/31参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ