ピーマンは種まで食べられる!おすすめ種ごとレシピまとめ

ピーマンの種とわた、捨てる人も少なくないと思いますが、じつはピーマンの種もわたも食べられるんです!では、黒くなった種はどうすればいい?今回は、ピーマンの種について、詳しくまとめました。おすすめの種ごとレシピも併せてご紹介します。

ピーマンの種、いつも捨ててるけど……

天ぷら、炒め物、肉詰め、サラダなどなど、いろいろな料理に活躍するピーマン。みなさんは調理する時に、種とわたをどうしていますか?

ピーマンを使うレシピを見ると、「へたと種を取って」と真っ先に書いてあることが多いですよね。みなさんの中にも、意識せずに取り除いていたという方がいらっしゃるでしょう。

ところで一般常識のように取り除かれる種やわたは、実際には食べてよいものなのでしょうか?食べるとおなかを壊すとか、実は毒があるという説もささやかれているようです。ただ、取りきれなかったピーマンの種を食べてしまっても、害があるようにも思えません。本当のところ、食べても大丈夫なのでしょうか?

今回は、ピーマンの種とわたについて詳しくお伝えします。ピーマンを丸ごと食べるレシピも併せてご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

ピーマンは種もわたも食べられる!

結論からいうと、ピーマンは丸ごと食べても大丈夫です。

実は、ピーマンは緑色の未成熟な状態の実を食べている野菜です。おくらやスナップエンドウなども同様ですね。ですから、種もわたも柔らかくてそのまま食べることができるのです。

もちろん毒性もありません。しかし、独特な苦みと青臭さがあるので、苦手な人にとっては、「苦み=毒」の気持ちになってしまうのかもしれませんね。

種とわたの特徴と栄養

捨ててしまっていた種とわた。しかし、種にはカリウムが果肉の部分以上に豊富に含まれています。また、ピラジンという栄養素は、種とわたにのみ含まれる栄養素なのです。

ただ、このように種とわたには、体にはとても良い栄養素が含まれていますが、果肉部分より苦みが強いため、お子さんやピーマンが苦手な人には向きません。苦手な方やお子さんには種もわたも取ってあげたほうが、いいですね。逆に、ピーマンが苦手な場合は、わたをきれいに取り除くと食べやすいといわれていますから、試してみてください。
▼じつは、ピーマンは生でも食べられるんです!

種とわたの取り方

種とわたは食べられるというお話をしてきましたが、どうしても苦手な方は、次に紹介する「種とわたの簡単で楽しい取り方」を試してみてください。

まな板の上に、ピーマンを横に置きます。へたのくぼみに合わせて、ぐるりと一周、切込みを入れます。あまり深すぎると、種まで切れてしまいますので気を付けて。へたの方をくるりと回して引っ張れば、種がついてきます。最後に残ったわたを指でつまみだし、指ではじけば残りの種も出てきます。

種がバラバラにならずにきれいに取れますよ。輪切りにして使うときにおすすめです。

黒い種は食べても平気?

冷蔵庫に入れて、食べ損ねていたピーマン。切ってみたら、黒い種が出てきた!……こんな経験ありませんか?この黒い種、食べても大丈夫なのでしょうか?

ピーマンは古くなると、熟して種が黒く変色していきます。ピーマン本体は腐っていなければ、食べられますが、種は味も食感も良くないので、取ってしまった方が無難でしょう。

種も食べるぞ!という方はぜひとも、新鮮なものを選び、早めに食べきりましょう。
▼ピーマンの上手な保存方法、ご存じですか?

ピーマンの種まで丸ごとレシピ

それでは、種もわたも全部食べられる、簡単レシピをご紹介しましょう。ピーマンさえあればできあがるものばかりですよ。

ピーマンのまるごとソテー

ピーマンを、オリーブオイルでじっくり炒めて、バターを絡め、しょうゆで味付けます。あとは、器に盛ってかつお節をかければできあがり。

ピーマンと油はとても相性が良いのがよくわかる一品です。油で炒めることで、栄養素の吸収も助けてくれますよ。何か一品足したい時やビールのおつまみに、思いったらすぐ作れる時短レシピですね。

ピーマンのうまうま煮

特集

SPECIAL CONTENTS