コロッケ専門店「カルビーポテト」が梅田に開業!ポテトが無ければコロッケを食べればいいじゃない

じゃがいも不足により、次々と販売休止が報じられているポテトチップス。カルビーもそのひとつです。ですが、そんなカルビーがこの度「カルビーポテト」として大阪梅田にコロッケ専門店をオープンしたことをご存じですか。ファンにはたまらない朗報ですよ!

2017年11月27日 更新

カルビー商品がコロッケに♩

おやつに、お酒のおともに欠かせないポテトチップス。自宅に何種類かストックを抱えていないと落ち着かないという、ポテトチップス中毒の方もいるのではないでしょうか。そんなポテトチップスが、いまコンビニやスーパーの店頭から次々と姿を消していることをご存じですか。なんでも、原料となるじゃがいも不足が原因なのだとか。

2016年に北海道を襲った台風の影響によるじゃがいも不足及び高騰化により、カルビーから2017年4月15日より順次ポテトチップスの販売を休止していくことが発表されました。具体的には、4月15日にはポテトチップスの「フレンチサラダ」や「しょうゆマヨ」、その他地域限定味の18種類の販売を休止。また数日後からは「ピザポテト」などさらに15種類もの商品が販売休止になります。
このような発表を受け、「毎日の楽しみがなくなった」と嘆く方や「大好きなピザポテトが食べられないなんて……」とSNS上では大騒ぎ!特に人気の高かった「ピザポテト」に関しては、「あるうちに買い占めないと」といった声や、なかにはオークションで1袋1万円以上で取り引きされているものもあるようです。

ポテトチップス好きには耐えられないこのニュース。ですが、そんな方に朗報! なんと2017年4月19日、大阪阪急うめだ本店の地下1階総菜売り場に「カルビーポテト」がオープンすることになったのです。

これに先駆け、4月12日から18日の間、阪急うめだ本店9階にて開催される北海道物産展でカルビーのポテトコロッケが販売されていました。 カルビーの手掛けるポテトコロッケ。これはおいしいに違いない! 今回は、気になる大阪の「カルビーポテト」についてご紹介します。

大阪梅田に「カルビーポテト」誕生!

梅田の写真

Photo by twoKim images / Shutterstock.com

2017年4月19日(水)に阪急うめだ本店にオープンする、カルビーが手掛けるコロッケ専門店「グランカルビー」。阪急梅田駅及びJR大阪駅からのアクセスもよく、平日日中は主婦層、夜はOLやサラリーマンでにぎわっています。

「カルビーポテト」は、「日本一おいしいコロッケが作りたい」という阪急阪神百貨店からの依頼を受けてオープン。じゃがいもの栽培から貯蔵、味まで、じゃがいもの特性とおいしさを熟知したカルビーだからこそ作りだせるコロッケを堪能できると、話題になっています。

カルビー人気商品がコロッケに!

「カルビーポテト」では、カルビーのポテトチップスのテイストをそのままコロッケにした「スナックコロッケ」が販売されています。ポテトチップスに使うじゃがいもと同じ品種の「トヨシロ」を使用しているんですよ。

じゃがいものほくほくとした食感を残しながらも、口当たりはやわらかく滑らか!「コンソメパンチ味」「のりしお味」「ピザポテト味」「関西だししょうゆ味」「たこ焼き風味」の5種類。人気のポテトチップスがそのままコロッケになった、話題性抜群の商品です。

種類は全部で5種類

スナックコロッケ各種(8個390円)

カルビーポテトのスナックコロッケは全部で5種類。ポテトチップスそのものの味を忠実に再現していることと、コロッケとしてのクオリティの高さが早くも話題となっています。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちひろ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう