作り方

1. 生地を作る

Photo by suncatch

ボウルに卵を割り入れて溶き、ヨーグルトと溶かしたバターを加えてホイッパーで混ぜます。

Photo by suncatch

ホットケーキミックスを加えて、ヘラでさっくりと混ぜます。

2. 分割する

Photo by suncatch

生地の重さをスケールで量り、薄力粉(分量外)を打ったマットに移します。カードで6分割してそれぞれの重さを量り、均等になるよう調整します。

Photo by suncatch

手で丸めます。生地がやわらかいので、ベタつく場合は手に軽く薄力粉を振りましょう。生地に粉を付け過ぎると、できあがりが固くなるので注意してください。

3. 成形する

Photo by suncatch

生地を手のひらで押さえて広げ、あんをトングや菜箸でのせます。(写真左)
生地のふちを合わせて閉じます。(写真右)

※生地がやわらかく粘り気がないので、マットに置いた状態のほうが作業しやすいです。

Photo by suncatch

とじ目を下にして置き、形を整えます。同様に残りの5個も成形します。

4. 仕上げをして焼く

Photo by suncatch

クッキングシートを敷いた天板に並べます。溶き卵を刷毛で塗り、黒ごまをのせます。

Photo by suncatch

170℃に予熱したオーブンで、12~15分焼いたら完成です。

あんぱんのアレンジ方法いろいろ

Photo by suncatch

基本をマスターしたら、アレンジあんぱんが楽しめます。市販の白あんや抹茶あんのほか、マッシュして砂糖を混ぜた自家製のかぼちゃあん、さつまいもあんなどもおすすめ。

抹茶生地のあんぱんにする場合は、あらかじめ抹茶小さじ2~3杯を、強力粉と合わせてふるいます。ミニサイズに成形し型に並べて焼くと、ちぎりあんぱんになりますよ。

あんぱんの保存方法

常温の保存方法

Photo by suncatch

焼き上がったあんぱんは、粗熱が取れたらポリ袋やチャック付き保存袋に入れ、冷めてから密閉します。袋に入れずそのまま置いておくと、水分が蒸発して生地がパサパサに。温かいうちに密閉すると、蒸気が袋の中に溜まって傷む原因になるので注意しましょう。日光の当たらない涼しい場所に置き、保存期間は翌日中です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ