連載

糖質制限を助けるメシア!「カップヌードルナイス」は低カロリーでも驚くほど濃厚

脂質50%OFF、糖質40%OFF、178kcalを実現した話題のカップ麺「カップヌードルナイス」が発売中!ヘルシーなのにこってりという矛盾をクリアしたこの商品を、ふつうのカップヌードル、シーフードヌードルと食べ比べてみました!

2018年6月7日 更新

「カップヌードルナイス」新発売ッス!

カップヌードルナイス2味

Photo by macaroni

今回ご紹介するのは、2017年4月10日(月)の発売前からメディアで大きく取り上げられていた話題の商品、日清「カップヌードルナイス」。脂質50%OFF、糖質40%OFF、178kcalを実現し、なおかつふつうのカップヌードル&シーフードヌードル以上にこってり濃厚な風味を楽しめるという、まさにナイス!な新作です。
カップヌードルナイスのふた

Photo by macaroni

ヘルシーなカップヌードルといえば、198kcalの低カロリーで知られる「カップヌードルライト」がありますが、「カップヌードルナイス」ではレタス約4個分相当の食物繊維を練り込んだ新開発ノンフライ麺の採用によって、ライトをしのぐ低カロリーを実現しているとのこと。いったいどんな味・食感なのか、気になりますね!

「カップヌードル ナイス 濃厚!ポークしょうゆ」と「カップヌードル」、「カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード」と「シーフードヌードル」を食べ比べながら実食し、詳しくリポートいたします。

まずはカップの中身をチェック!

「カップヌードル ナイス 濃厚!ポークしょうゆ」とふつうのカップヌードル

Photo by macaroni

「カップヌードルナイス」は「濃厚!ポークしょうゆ」と「 濃厚!クリーミーシーフード」の2味のラインナップ。「濃厚!ポークしょうゆ」では、オリジナルのスープにポークの旨味を加え、コクのあるお味になっているといいます。
「カップヌードル ナイス 濃厚!ポークしょうゆ」とふつうのカップヌードルの中身を比較

Photo by macaroni

左がふつうの「カップヌードル」で、右が「濃厚!ポークしょうゆ」。見比べるとかなり違いますね。

左には麺が見えないほどたっぷりと小エビや謎肉、たまごが入っていますが、右はエビがなく、たまごも謎肉も少量。代わりに緑色のキャベツが入っています。やはり、脂質50%、糖質40%、178kcalを実現するにはこれくらいしないとダメなんですね。
「シーフードヌードル」(左)と「濃厚!クリーミーシーフード」

Photo by macaroni

次に「シーフードヌードル」(左)と「濃厚!クリーミーシーフード」(右)を見比べてみましょう。
「シーフードヌードル」と「濃厚!クリーミーシーフード」の中身を比較

Photo by macaroni

いかがですか?右の方、なんだかかやくが少なく見えます。「シーフードヌードル」には欠かせないカニカマも、ふたまわりほど小さい印象。粉末スープまで少なく見えるのは、カップの底に落ちているからでしょうか。

いろいろ節約しているように見える「濃厚!クリーミーシーフード」。本当に「こってり濃厚♩」な味わいを実現できているの?と不安になってきました……。

「濃厚!クリーミーシーフード」を実食

「濃厚!クリーミーシーフード」にお湯を注ぎます

Photo by macaroni

「シーフードヌードル」好きな自分の趣味を優先して、「濃厚!クリーミーシーフード」から実食します!
お湯を入れて3分経った「濃厚!クリーミーシーフード」

Photo by macaroni

こちらが「濃厚!クリーミーシーフード」で、
お湯を注いで3分経った「シーフードヌードル」

Photo by macaroni

こちらがふつうのシーフード。

ほぼ同じお湯を注ぎ、同じだけの時間をおいたんですが、「濃厚!クリーミーシーフード」の方はスープがほとんど減っていませんね。一方、「シーフードヌードル」は麺がスープを吸ってふくらんでいます。このあたりも、レタス4個分相当の食物繊維を練り込んだというノンフライ麺の特徴といえそう。この違い、味わいにはどう影響しているのでしょうか。
ふたつの「シーフードヌードル」を実食

Photo by macaroni

具材と麺を箸でまとめてつまみあげ、一気にすすります。とたん、おなじみのシーフードヌードルよりもクリーミーな味わいが口の中に広がりました。スープの味は、2016年に発売された「ミルクシーフードヌードル」に酷似しています。

こってり、というとやや語弊があるような気がするんですが、コクがあるのは間違いのないところ!まったりとした風味が食欲をそそります。

麺はふつうの「シーフードヌードル」よりやや細く、ボリューム的にも少ない印象。データによると、麺の量は40g。シーフードヌードルは60gですから、20gも少ないんですね。全部食べてみて、量的にややものたりないと感じたのですが、具も多くはありませんし、なるほど、という感じ。
食べ比べた印象としては、食べ応えがあるのはやはりシーフードヌードル。でも、「濃厚!クリーミーシーフード」のどっしりと風味は味の面での満足感が高かったです。

「濃厚!ポークしょうゆ」を実食

ふたつのカップヌードルを実食

Photo by macaroni

「カップヌードルナイス 濃厚!ポークしょうゆ」とカップヌードルも、食べ比べるとたしかな違いがありました。

ひとつは、やはり麺。食物繊維を練り込んであるというノンフライ麺は、カップヌードルの油あげ麺よりもやや細く、食感がなめらか。油揚げめんと比べれば食べ応えはいまひとつですが、スープがよく絡む麺です。

スープはたしかにこってり!ポークの旨味成分の影響か、カップヌードルのスープにとんこつスープを混ぜたような感じ。風味がやわらかく、コクがあります。

食べきって見て感じたのは、数字で見るボリュームよりもかなり食べ応えがあったということ。ふつうのカップヌードルよりもこちらが好きという人は結構いるんじゃないでしょうか。

低脂質&低糖質なのにこってり!なのにおいしい♩

というわけで、「カップヌードルナイス」2味、ごちそうさまでした!

今回どちらも完食したのですが、それでも合わせて356kcal。脂質、糖質が少ないこともあり、「食べ過ぎた……」という罪悪感はほとんどありませんでした。

それでいて、ふつうの「カップヌードル」「シーフードヌードル」に比べればたしかにこってり。たとえばお酒を飲んで味の濃いものがほしくなったとき、上記のふたつと「カップヌードルナイス」のどちらが好まれそうかと言われれば、後者じゃないかと思います。
糖質制限、ダイエットをしているとき、カップラーメンなんて口にできないという方は多いでしょうが、これなら、きっと罪悪感ないス!

我慢を遠ざけながら目指すスタイル、健康なカラダづくりを進めたいという人なら、いいサポート役になってくれるはずですよ!

ちなみに、麺についてですが、スープをあまり吸わないせいか、時間をおいてものびにくいという気がしました。のびた麺が嫌いだという人にとっても、「カップンヌードルナイス」はいい選択肢になるかもしれませんね。
(文・写真:植松)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

製品情報

発売日:2017年4月10日(月)
内容量:58g (40g)
希望小売価格:各180円 (税別)
販売地域:全国

成分表示

カップヌードル ナイス 濃厚!ポークしょうゆ
エネルギー:178kcal
たんぱく質:9.0g
脂質:6.4g
糖質:19.9g
食物繊維:15.1g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく:0.8g 、スープ:1.3g)

カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード
エネルギー:178kcal(めん・かやく:137kcal、スープ:41kcal)
たんぱく質:9.4g
脂質:6.3g
糖質:19.6g
食物繊維:15.4g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく:0.8g 、スープ:1.4g)

こちらのカップヌードルも相当おいしい!要チェックです!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう