ローディング中

Loading...

初夏が旬の桃。何となく皮をむいて食べていますが、おいしい食べ方は「皮ごと」らしいんですよ。今回は、皮ごと桃を食べる際のコツやおいしい食べ方、選び方など、桃についてまとめてみました。この夏は、とことん桃を味わい尽くしてみませんか?

桃は皮ごと食べてみよう!

鮮やかなピンク色の桃をフルーツ売り場で見かけるようになると、初夏を感じますね。甘くてジューシー、幸せな気持ちにさせてくれる桃ですが、ふだん桃を食べる時、どのように召しあがっていますか?筆者もそうですが、普通は何も考えず、皮をむいて食べるのではないでしょうか。

ところがうまく皮が向けなかったり、一部分だけ残ってしまったり……と何かと面倒な桃の皮むき。実は、桃は皮ごと食べられることをご存じでしたか。

そこで、今回は”知る人ぞ知る”桃の食べ方をご紹介します。桃好きの方のみならず、「桃はおいしいけど、うまくむけないし、いたみやすいし…」と敬遠していた方も、ぜひ一緒に桃の魅力を再発見し、堪能しましょう。

桃の食べ方は「皮ごと」が正解!?

桃の一番おいしいところは、どこでしょうか?

実の上の方?種の近くの中心部?……実は、皮と実の間なのだそうです。そういえば、魚にしても肉にしても、皮と身の間とか、身と骨の間って、うまみが凝縮して、すごくジューシーですよね。

こう聞くと、「これまで桃の一番おいしいところを捨てていた!」と愕然とする方も多いのではないでしょうか。

桃の皮にはカテキンなどの栄養が含まれており、おいしい上に健康的とあっては、まさにいいとこどり!苦労して皮をむいて、指のあとがついたりして……なんて格闘する必要もなし。簡単に食べられて栄養価もばっちり!

桃農家の方は、皮ごと食べるメリットをよく知っているため、「皮ごと丸かじり」が常識なのだそうです。筆者もこれまで皮をむいて桃を食べていた人生を取り戻すべく、皮ごと食べる時のポイントをまとめてみました。

桃の産毛を丁寧にとる

まずは、産毛とり。そもそも、あのチクチクとした産毛さえなければ「皮をむこう」なんて思わず、もっと早く丸かじりの醍醐味を味わえていたかもという方も多いのではないでしょうか。

ふきんなどできれいに桃の表面をぬぐい、洗いながら表面の産毛をよく取り除きましょう。案外、簡単です!ツルツルになってきたらOKですよ。

切らずにまるごと

一番のおすすめは、やはり「まるごと」かぶりついて食べることです。皮と実の間のおいしいところも、カテキンも、果汁も、あますところなくいただいてしまいましょう。りんごのように、豪快にいただくのがおすすめです。

新鮮な桃を選ぶこと

新鮮な桃を選ぶこと

出典:楽天市場

《送料無料》伊達の桃「蜜姫(みつひめ)」 6〜8玉 約2キロ frt ☆

¥3500

楽天市場で購入
栄養的には皮ごと食べるのがよいとはいえ、まるごと頂くのですから、やはり鮮度も気になります。どうせなら、桃農家から直接購入するか、「○○さんの桃」などの生産者の様子がよくわかるネットショップで購入するのはいかがでしょうか。
▼こちらは皮ごと食べられる?

直前の冷蔵保存でおいしさアップ

皮の処理方法が分かったところで、次は温度管理です。暑い時期によく冷えた桃は、ほてった体を沈めてくれますし、本当においしいですよね。

ただし長時間の冷蔵保存は、水分が飛んでしまったりして、かえって甘みを損なう原因になってしまうため、注意が必要です。

好みのかたさになるまで常温で保存し、食べる前に冷やすことで実がしまり、産毛も取りやすくなるそうですよ。

また、常温保存の際にも、直射日光や風(エアコンも)が当たらないところで自然保管を心がけましょう。みずみずしくいただくためにも、乾燥して水分が飛ばないようにしましょうね。

同様に、すぐに食べない場合には、乾燥防止にラップやビニール袋で包んでから冷蔵庫に保存すれば、1週間程度はもつようです。冷蔵庫→常温(2~3日)→冷蔵庫(数時間)といった感じでしょうか。

おいしく食べられる皮のむき方

丸ごと食べられるのはわかりましたが、場合によっては、皮をむいて食べたり、加工したり、誰かにむいてあげる時もありますよね。そんな時、おいしさをそこなわない皮のむき方をご紹介します。

手順

1. 割れ目にそって包丁を入れる。
2. 包丁が種にあたったら、桃をくるっとまわす。
  手でビンを開けるように、ふたつに割る。(種はスプーンなどで外す)
3. むく方向に注意してむく。(枝付きとは逆側からむく方法)
*おしりから上に向かってむくことになります。

余談ですが、昔話の「桃太郎」の絵本でお婆さんは、上から包丁を入れていたように思います。たぶん桃が大きすぎたので、まな板に置いて切るしかなかったからでしょう。筆者的には、やはり手に持って、割れ目のはっきりしている下(お尻の方)から包丁を入れ、優雅にクルッと回してみたいところです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

丸ごとおいしい♩オーストラリア産「ネーブルオレンジ」を使ったレシピを公開!

オーストラリア レシピ オレンジ フルーツ

「シトラス・オーストラリア(全国柑橘類産業協会)」が、日本の8月~9月に旬を迎えるオーストラリアネーブルを使い、思わず作りたくなるフォトジェニックなオリジナルレシピを制作!栄養豊富なオレンジを使ったレシピに、…

1ヶ月長持ち!りんごをおいしく保存する方法&選び方のコツ

まとめて買ったり、たくさんもらったりすることもあるりんご、どんな風に保存していますか?せっかくのりんごを長持ちさせる保存方法をご紹介します。冷蔵庫や冷凍庫で保存したい場合のやり方や、りんごの賞味期限についても…

同じ部位でも雌だとミサキ!?「ぼんじり」の呼び方が意外とややこしい

レシピ

焼き鳥屋さんではおなじみの「ぼんじり」。お店にいけば気軽に食べられる部位ですが、実はとても希少な部分なんです。一羽にわずかしかない、ぷりぷりとした食感が人気のぼんじりの部位とはどこ?具体的な場所や名前の由来に…

皮と種どうしてる?ぶどうの上手な冷凍保存方法&賞味期限

ぶどう

そのまま食べてももちろんおいしいぶどうですが、冷凍すると長く保存できるだけでなく、甘味が増しておいしく食べることもできます。ぶどうの上手な冷凍保存方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介。ぶどうを買った際に…

ひと月長持ち!豚肉の上手な冷凍保存方法&賞味期限

なにかと色々な料理に使いすい「豚肉」。便利により長く保存するなら、やっぱり冷凍が一番♩気になる保存期間や、味付け肉の保存についてなどのポイントをご紹介いたします。賢くおいしい冷凍保存で、毎日のごはん作りまで楽…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

自分や家族の健康を守ろう!安全な着色料まとめ

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

髪に良いと言われる食べ物「10選」- いつまでもツヤツヤで美しく!

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

弁当もお酒もコレ一枚!花見にピッタリ粋でかわいい風呂敷ブランド『5』選

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

冷蔵庫の中を綺麗にする方法9選♡こんな収納術はいかが?

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ページTOPに戻る