連載

もはや油そば!?「背脂MAXやきそば」の脂ギッシュな濃厚コク味を実食レビュー

「ひさびさにおいしいペヤング!」と話題の「背脂MAXやきそば」。背脂をこれでもかというくらい大量に入れたという、まさに背脂MAXな新商品です。いったいどれだけのカロリーなのか、そして、どれほどおいしいのか、実食レビューご紹介します!

「ペヤングやきそば 背脂MAX」発売!

「ペヤングやきそば 背脂MAX」パッケージ

Photo by macaroni

「これを待ってた!」

ペヤンガーたちの快哉が聞こえてきそうな新作です。2017年3月27日(月)にまるか食品(株)から発売された「ペヤング 背脂MAXやきそば」は、ペヤングかくあるべし!という、とってもジャンキーで、だからこその旨みとインパクトが詰まったひと品。
ちなみに上の画像、モノクロではありません。この商品のパッケージは、おそらくはペヤング史上初であろうモノトーン。
「ペヤングやきそば 背脂MAX」の成分表示

Photo by macaroni

いかにも熱量大盛りな商品名からもわかるとおり、とにかくハイカロリーです。本家「ペヤングソースやきそば」は内容量120gで544kcalですが、こちらは130gで696kcal。10g多いとはいえ、カロリーは実に152kcalも上回ります。

だけど、それを知ってなお食べたくなるほどの味だと評判!このペヤングらしからぬパッケージに、いったいどれほどの味わいが隠されているのでしょう……。「にんにくMAX」「わかめMAX」「パクチーMAX」に続くMAXシリーズ第4弾の詳細を、実食レビューでご紹介します。

かやくはメンマ、ねぎ、ナルトの3種

「ペヤングやきそば 背脂MAX」の中身を取り出してみると

Photo by macaroni

さっそく中身を見てみることにします。

容器の中から出てきたのは、かやくとソースの小袋がひとつずつ。油揚げめんの見た目はふつう。本家ペヤングのものと同じように見えますね。
「ペヤングやきそば 背脂MAX」のかやく

Photo by macaroni

かやくをアップで撮ってみました。なんだかいろいろ入っているように見えますが、中身はメンマ、ねぎ、ナルトの3種。背脂MAXな味に合うものだけを選び抜いた結果でしょうか。

お湯を注いで3分。ソースをかけて完成

「ペヤングやきそば 背脂MAX」にお湯を注ぐ

Photo by macaroni

かやくをめんに広げ、ソースはふたの上に。そして、熱湯を内側の線まで注いでふたを閉じ、3分経ったら湯切りします。これが正しいペヤングの作り方。

好みはいろいろですが、結局のところ、説明書きどおりにつくるのが一番おいしいような気がするんですよね。
「ペヤングやきそば 背脂MAX」のソースは透明+褐色

Photo by macaroni

ソースの小袋の端を切り、湯切りしためんの上に中身をかけて混ぜ合わせます。ソースの材料は動物油脂、植物油脂、しょうゆ、ポークエキス、糖類、チキンエキス、ガラスープ、食塩、でん粉、ガーリックペーストなどで、色は透明に近く、一部は褐色に染まっていました。

熱々のめんから立ち上るニオイは、まさに背脂MAX!ガツンときます。香りだけで味が濃いとわかります。とにかく脂の量がスゴイ。ギトギトです!テカテカです!
油の量はやはり多め。テカテカです

Photo by macaroni

なにせ油の量が多いので、混ぜても混ぜてもめんと混ざりきりません。1分以上はめんとソースをなじませていましたが、容器の底にはまだまだ油が残っていて、アブラギッシュな光を返していました。

「背脂MAX」を実食

「ペヤングやきそば 背脂MAX」を実食

Photo by macaroni

さぁ、食べてみたいと思います。箸でたっぷりとつまみ上げて、口の中へ。……うわぁ、濃い!これは……すごい濃い口です。

味のベースはしょうゆですね。そして脂の量、かなり多いはずなんですが、決してイヤではありません。この味わい……油そばによく似ています。
最初は衝撃を受けるほどだった味の濃さですが、だんだん慣れてきました。ニンニクの香りが効いていて、やたらと後を引きます。

強烈ではあるけれど、いつかこれなしではいられなくなりそうな……。そのおいしさに、いつしかカロリーのことも忘れ、きれいに食べきってしまいました。

他のやきそばじゃ満足できなくなる!?

特集

SPECIAL CONTENTS