連載

いざペペロンチーノ合戦じゃ!カップヌードルとペヤング食べ比べてみた

2017年3月20日(月)「カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ」が発売されました!同時期に発売された「ペヤングやきそば ペペロンチーノ風」と食べ比べ。ペペロンチーノ対決に勝利するのはどちら?実食レビューでご紹介します!

2017年3月25日 更新

カップヌードルパスタスタイル「ペペロンチーノ」が登場!

カップヌードルパスタスタイル「ペペロンチーノ」が登場!

Photo by macaroni

2017年3月20日(月)、日清食品から「カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ」が発売されました!実はそのちょうど一ヶ月前の2月20日(月)に、まるか食品「ペヤングやきそば ペペロンチーノ風」も発売されていたのです!
ふたつのペペロンチーノの運命的な出会い……。どちらも湯切りして食べるタイプのカップ麺ですが、味に違いはあるんでしょうか?それぞれの味わいを実食レポートでご紹介します!ペペロンチーノカップ麺の王者に輝くのはどちら?

イタリア感あふれるパッケージ

イタリア感あふれるパッケージ

Photo by macaroni

まずは、パッケージから見ていきましょう。画像左が「カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ」、右が「ペヤングやきそば ペペロンチーノ風」です。
カップヌードルは、よく見ると赤、白、緑色のイタリアンカラーを使ったデザインになっています!春らしい黄緑色の「ペペロンチーノ」のロゴの右上には「湯切りで食べる」と小さなマーク入り。パスタスタイルを知らない人は「ペペロンチーノ味のカップヌードル!?」とびっくりしてしまいそうですね。色鮮やかな野菜をたっぷり使ったパスタの写真がプリントされていて期待が高まります。
ひと目で「イタリアン!」とわかりやすいのはペヤング。イタリアの国旗カラーと、高級感あふれる赤い布がデザインされています。しかし「やきそば」のロゴが目立ちますね……。ペペロンチーノ味ではありますが、あくまでやきそばというスタンスは崩さないのです。

小袋は少なめ

小袋は少なめ

Photo by macaroni

それぞれふたをめくって、小袋を取り出しました。
カップヌードルは「液体ソース」がひとつ、ペヤングは「かやく」と「やきそばソース」がひとつずつ。どちらも個性的な商品ですが、小袋は少なめですね。カップヌードルは、フリーズドライの野菜がすでにカップに入っていました。ひと手間少ない分、一歩リードか……!?
ペヤングにかやくを開けて、それぞれお湯を注ぎました。カップヌードルは5分間、ペヤングは3分間待ったら完成です!まもなく合戦の時!

ふたつの「ペペロンチーノ」を実食!

ふたつの「ペペロンチーノ」を実食!

Photo by macaroni

戦いのゴング(タイマー)が鳴り響き、「カップヌードル」「ペヤング」ともに完成!どちらも輪切りにした唐辛子が見えますね。麺の色はカップヌードルの方が濃いめ。それぞれ実際に食べてみます!

ペヤングは麺の主張が強め!

ペヤングは麺の主張が強め!

Photo by macaroni

まずは「ペヤングやきそば ペペロンチーノ風」からいただきます。
ひと口頬張ってみると……ペヤングの麺の味がする!ソース味の商品では影を潜めていた麺が、大胆に主張しています。よく噛んで飲み込んだあとに、ふわりと広がるにんにくの香り。確かに「ペペロンチーノ風のペヤングやきそば」の味です。
「ペヤングの麺をおなかいっぱいかきこみたい!」という衝動にかられた時にぴったりな、麺を生かしたジャンキーな味わい。ふにゃふにゃ食感のにんにくスライスをかじってみると、強烈な香りが口いっぱいに広がります。おなじみの甘いキャベツも入っていますよ。ペペロンチーノにしてはオイル感が足りなく感じますが、やきそばとしては完成しているなーと感じました。

カップヌードルは想像以上にペペロンチーノだった!

カップヌードルは想像以上にペペロンチーノだった!

Photo by macaroni

続いて、「カップヌードル パスタスタイル 彩り野菜のペペロンチーノ」をいただきます。
麺はモチッとしていますが、プリッとコシもあり、想像以上に「茹でたてパスタ感」があります!驚いたのは、液体ソースの味わい。とろっと濃厚なオイルソースはコクがあり、ふんわりと魚介の風味もするのです。原材料名を見てみると「アンチョビ」の文字が……!にんにくの風味のバランスもよく、くどくなくうまみたっぷり。ブラックペッパーがアクセントになっています。
さらに、春らしい色合いのインゲン、キャベツ、パプリカの3種の野菜が入っています。適度に繊維の残った、出来立てのようなシャキシャキ食感。鷹の爪を噛むと、舌の上がじんわりホットに。編集部内では「サイゼ◯アのペペロンチーノと同じくらいおいしい!」という声も。ぺろっと食べきってしまいました。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう