フライパンで作れる!「菜の花とエビの蒸し餃子」で春を感じて♩

旬の菜の花、どんな料理に使えばいいかわからず迷っているのでは?そんなときは「菜の花とエビの蒸し餃子」をそうぞ!春を感じさせる菜の花のほろ苦い風味、ジューシーな肉汁、エビのぷりぷり食感で、お店で食べるような本格餃子に仕上がりますよ♩

2020年1月14日 更新

ほろ苦い春の味!「菜の花とエビの蒸し餃子」

「菜の花とエビの蒸し餃子」のレシピをご紹介します!菜の花のほろ苦さが春を感じさせるひと品。トッピングに使ったつぼみの鮮やかなグリーンが食卓を彩ります。旬の菜の花と、ぷりぷり食感のエビを使ったちょっとめずらしい蒸し餃子で、大人も子どもももよろこぶことまちがいなし♩

菜の花とエビの蒸し餃子の材料(20個分)

・菜の花:130g ・むきえび:200g ・長ネギみじん切り:1/4本分(20g) ・餃子の皮:1袋(大判) ・もやし:1袋 ・お湯:100㏄ ☆しょうがみじん切り:1片分 ☆酒:小さじ1杯 ☆塩こしょう:少々 ☆醤油:大さじ1/2杯 ☆鶏がらスープの素:小さじ1杯 ☆ごま油:小さじ1杯 ☆片栗粉:大さじ1杯

菜の花とエビの蒸し餃子のレシピ

1. 菜の花とえびを切ります。

菜の花は塩を小さじ1杯(分量外)入れたお湯に、茎の部分から入れて20秒下茹でします。つぼみ以外の茎部分を粗みじん切りにします。むきえびは背わたをとって洗い、水気をふき取ってから1cm幅に切ります。

2. 餃子のタネを作ります。

ボウルに菜の花の茎の部分とむきえび、長ネギを入れ、☆の調味料もすべて入れてよく混ぜ合わせます。

3. タネを皮で包んでフライパンに並べます。

餃子の皮に③のあんをのせて、ふちに水をつけて包みます。加熱したフライパンにもやしをまんべんなく広げて、フライパンに餃子が触れないようにもやしの上に餃子を並べます。

4. 蒸し焼きにしたら完成です!

並べた餃子の上からお湯を回しいれてふたをし、弱中火で10~12分蒸し焼きにしてできあがりです!お好みでからし酢醤油をつけてお召し上がりください!
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS