「京都タワーサンド」がオープン!京都土産の定番店から隠れた名店まで55店舗出店

京都の新名所「京都タワー サンド」がオープン。京都土産の定番店から、駅周辺にはなかった隠れた名店まで、3フロア合わせて55店舗が登場。京都の食を堪能できる飲食フロアをはじめ、京都好きの大人の女性に喜ばれるこだわりの逸品が揃っています♩

2017年5月30日 更新

京都の新たな商業施設 「京都タワー サンド」オープン

京都タワービルの地下1階~地上2階の商業ゾーンが全面的にリニューアルし、「KYOTO TOWER SANDO(京都タワー サンド)」として、2017年4月14日(金)にオープン。「街・駅に続く、3つめの選択肢へ。これまでにない、これからの京都。」をリニューアルコンセプトに、京都駅前という立地特性と、京都のランドマークである京都タワーの認知度を活かし、街と駅、観光客と生活者をつなげる結び目となる商業施設です。
地下1階は「京都を味わう食べ歩きが楽しいフードホール」、1階は「京都らしい逸品が集まるマーケット」、2階は「体験で思い出になるワークショップ」をテーマに、京都土産の定番店から、京都駅周辺にはなかった隠れた名店まで、3フロア合わせて55店舗が新たに出店。京都の玄関口に相応しい顔と明るさを演出した外装デザインと、クラシックとモダンの融合を表現した新しい京都を感じさせる内装デザインです。

京都を味わう食べ歩きが楽しいフードホール!地下1階

「京都を味わう食べ歩きが楽しいフードホール」をテーマに、地元の名店から話題の人気店までを揃えた、京都の食を堪能できる飲食フロアです。19店舗が出店し、店内カウンターを含め約400席のフロア内は自由に飲食可能。観光客はもちろん、深夜23時までの営業しているので、仕事帰りの一杯等にも気軽に利用できます。

KYOTO TOWER SANDO バル(キョウトタワーサンドバル)

300年以上の歴史を持つ京都の地酒、「和食に合うワイン作り」をコンセプトに掲げる京都ワイン、近年話題となっているクラフトビールなど、古き良き伝統を受け継ぎながら、新たな時代の感性や最新の技術を取り入れて進化を続ける“京都ドリンク”が揃っています。香りをより感じられるよう、日本酒をワイングラスで楽しませてくれるスタイルです。

the ROOTS of all evil.(ザ ルーツ オブ オール イーヴル)

バー業界でも先を行く技術や発想を取り入れた一杯が、カジュアルに楽しめるカクテルスタンド。抹茶や竹炭、鰹ダシといった日本や京都ならではの素材を使う独創的なカクテルを鮮やかなプレゼンテーションと共に楽しめます。日本初のクラフトジンである京都産のクラフトジン「季の美」を使用したカクテルなどがスタンディングで登場。
1 / 12

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう