ローディング中

Loading...

提供:アサヒビール株式会社

レモンサワーブーム!そんな中でも際立って人気の高い、あるレモンサワーをご存じですか?レモンのさわやかな香りをこれ以上ないほど楽しめるというそのメニューの詳細と、同レベルのレモンサワーをおウチで手軽に飲む方法、合わせてご紹介します!

みんな大好きレモンサワー!

レモンサワーで乾杯!

Photo by macaroni

レモンサワー、おいしいですよねー♩ 実はここ数年、居酒屋を中心にレモンサワーの需要がものすごく高まっているんです。お酒を飲む機会が多い人なら、特に昨年から今年にかけて、忘年会や新年会でレモンサワーを飲む人を大勢見かけたはず。
そんなレモンサワー大ブームの中、最近話題になっているお店があるんですよ。

「おぼんdeごはん」のレモンサワーに注目

「おぼんdeごはん」

Photo by macaroni

そのお店とは、バランスのよい手作り料理をカフェスタイルで提供している「おぼんdeごはん」。首都圏中心に約30店舗を展開しているチェーンなんですが、業態から女性客ばかり集まるお店と思いきや、ファミリーや男性客など幅広い層に利用されています。そして、その理由のひとつが同店の人気メニュー「レレレ・レモンサワー」。

「レレレ・レモンサワー」ってナンダ?

レレレ・レモンサワー

Photo by macaroni

写真左が「レレレ・レモンサワー(生レモン)」税込519円で、右が「レレレ・レモンサワー(生レモンミント)」税込540円。カッコ内の文字でわかるとおり、生のレモンを使った生レモンサワーです。

人気のひみつは、自分で皮ごとレモンを搾って入れられること。レモンの香味成分は皮にたくさん含まれているので、そうすることでより華やかな香りを楽しめるレモンサワーになるんです。
また、フレッシュなレモンの香りはミントとも相性バッチリ。ミントのすっきりした味と香りが加わると、飲んだ時のさわやかさが増すんですよ。しかも、食事ともよく合います。

おすすめは「おぼんdeちょいのみ」

このお店では、夕方を過ぎると「おぼんdeごはん」ならぬ「おぼんdeちょいのみ」をする利用者が多いんだとか。要は生ビールやハイボール+フード1品で軽く飲んで帰る人がたくさんいるんです。注文が多いドリンクは、やっぱり「レレレ・レモンサワー」。考えてみれば、大抵の料理と好相性なレモンサワーはちょい飲みにもってこいですよね!

ちなみに、「レレレ・レモンサワー」と一緒に食べるなら、おすすめは「びんちょうまぐろのレアカツ」税込800円。脂ののったとろびんちょうは、サクサクの衣の中でもレア状態。レモンの酸味を楽しみながら、おろしポン酢でいただけば、その旨みをより深く堪能できます。

「レレレ」の意味

ところで、名前の「レレレ」ってどういう意味なんでしょう。「レレレ・レモンサワー」を飲食店向けに展開しているアサヒビール(株)に確認すると、レッツ、レモンサワー、レボリューションの頭文字とのこと。つまり、レッツレモンサワーレボリューション・レモンサワーが正式名称なんですね。

勢いがあってなぜだか言ってみたくなる文句ですが、ちょっと長いので略して「レレレ・レモンサワー」。注文するとき「レ」をひとつふたつ多く言ってしまう人が続出しても、それはそれでご愛嬌♩名前を言うだけで楽しくなる……、これもまた「レレレ・レモンサワー」の魅力なんです。

おウチでも「レレレ・レモンサワー」を体験できる!?

おウチで「レレレ・レモンサワー」

Photo by macaroni

そんな「レレレ・レモンサワー」ですが、実はおウチでも楽しめます。いえ、正確には、かなりクオリティの近いものを手軽に飲むことができるんです。
2016年に発売され、年間700万ケースを突破する大ヒット商品となったアサヒビールの「もぎたて」。その「もぎたて」が今春リニューアルすることになったんですが、香りと味わいがとっても新鮮で、看板商品の「まるごと搾りレモン」は「レレレ・レモンサワー」に負けないおいしさなんですって♩

あの「もぎたて」がさらに進化!

もぎたて まるごと搾りレモン

Photo by macaroni

「もぎたて」といえば、新鮮な味わい、自然な果実感がウリの缶チューハイ。
以前の「もぎたて」では、低温殺菌技術を用いたアサヒフレッシュキープ製法で果実の新鮮な香りのキープに成功していました。しかしリニューアル後の「もぎたて」は、より進化した超低温殺菌技術による新〈もぎたて〉キープ製法を導入。分析結果によると、レモンに含まれる5つの香気成分すべてが増加し、ある成分は2倍以上になるという驚異的な数値を示したといいます。
実際に飲んでみると、本当に、「ウソでしょ!?」と思うくらいの果実感。レモンピールから弾けた香気をそのまま嗅いでいるような香りと、果肉に噛りついたのかと勘違いしそうなくらい鮮度の高い味わい。目隠しをして飲まされたなら、直前にレモンを搾ったと聞かされても信じてしまうかもしれません。
まさか缶チューハイでこれほどの味になるなんて……。スゴイぞ、「もぎたて」の進化!

あなたも「レッツ・レモンサワー・レボリューション♩」

「もぎたて」のラインナップ

Photo by macaroni

「レモンサワーもいいけどほかのサワーもおいしいよね♩」というあなたもご安心を。「もぎたて」は「まるごと搾りレモン」だけではありません。「まるごと搾りグレープフルーツ」「まるごと搾りぶどう」「まるごと搾りオレンジライム」の3フレーバーも好評発売中。

どれも新鮮な果実の香りを楽しめると人気の高い商品なので、ぜひ試してみてくださいね!時々季節限定フレーバーが発売されるので、チューハイ好きならそちらも要チェックです。
ここまで読んだ人の中には、そろそろ一杯飲みたくなってきたという方もいるのでは?

ガマンすることはありません。「おぼんdeごはん」へ足を運ぶかリニューアルした「アサヒもぎたて」を手に入れて、あなたもさっそくレッツ・レモンサワー・レボリューション!

レレレ・レモンサワー取扱店

「おぼん de ごはん」以下店舗
大船ルミネウィング店、マルイファミリー溝口店、上大岡京急店

New「アサヒもぎたて」商品情報

価格:350ml 141円(税抜) 500ml 191円(税抜)
発売日:2017年4月4日(火)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

マックシェイクとチェルシーが初めてのコラボレーション!チェルシーのバタースカッチ味のシェイク「マックシェイク チェルシー」が発売されました。濃厚でいてコクのあるあの味をシェイクでどれだけ再現しているのか、実際…

プリン

ロッテアイスの人気シリーズ「雪見だいふく」に新フレーバーが仲間入り!バニラアイスにカラメルソースを入れた、プリンみたいな味わいのだいふくアイスです。今回は、その香ばしさと味わいを実食レビューでご紹介します!

後楽園 ドリンク

後楽園にあるオーガニック牛乳を使ったソフトクリーム専門店「Honey Trip(ハニートリップ)」から、点滴の容器に入ったミルクやオレンジなど5種の「点滴ジュース」が発売!フォトジェニックな、インパクトのある…

お菓子 まとめ

敬老の日のギフト、決まっていますか?「まだ用意していない……!」という人もご安心を。最短で翌日届く厳選商品をジャンル別にご紹介します。お菓子やお酒、リッチなご当地グルメなど、こだわり派も納得の名品がたっぷり!…

さつまいもそっくりな色合いで話題の、セブンの新商品「宮崎紅のさつまいもこ」。そのまま食べてももちろんおいしいんですが、冷凍したり、トーストしたりと、楽しみ方の幅が広いんですよ!実際にアレンジレシピに挑戦したの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ お土産 まとめ

ホームパーティーなど多いこの季節。手土産は欠かせない存在ですよね!今回はハイセンスで喜ばれること間違いなしのお取り寄せグルメを5つご紹介します♪是非お土産に持って行って目立っちゃいましょう!

ヴィーガン まとめ

日本でも豆乳やアーモンドミルク、そしてライスミルクが知られるようになってきましたよね。でもアメリカではもうすでに新しい植物性ミルクが話題なのです。そう、スーパードリンクを含んだミルクなんですよ。

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

和菓子 お菓子 まとめ

今では和菓子も様々な種類のものがお取り寄せできるんです♡近くのお店にないからこそ買ってみたい!と思えるようなものを集めてみました☆おもてなしやプレゼントに、自分へのご褒美に、ぜひ1度試してみてはいかがですか?

まとめ

なんでもお得に手に入ると評判のコストコ。そんなコストコの商品の中でも、海外の商品は特にお得なんだとか。ここでは、他のお店で買うよりも絶対に安いコストコの格安品を、海外の商品に注目していくつかまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報...

http://macaro-ni.jp/

ページTOPに戻る