パテごと揚げる!? ブルックリン「コルゾ」のフライドバーガーが画期的!

海老カツバーガーやチキンカツバーガーなど、揚げ物を挟んだバーガーは定番となっていますよね。しかし、バンズもまとめて揚げてしまうという大胆な発想で話題になっているのが、ブルックリンにある「コルゾ(Korzo)」というお店なんです。

前代未聞の揚げバーガーが話題に!

分厚いパテにたっぷりチーズや盛りもりレタス……そう、ハンバーガーはボリューミーさが大事!大きなお口でガブッとかぶりつきたいですよね。でもそんなときに悩むのが「上手に食べられない」ということ。でもそんな悩みを一気に解決してくれるバーガーが、どうやらニューヨークはブルックリンのお店「コルゾ(Korzo)」にあります。

ボロボロこぼれるサラダやピクルスも、パテも全部まとめて包み込んで揚げた「フライド・バーガー」というもの。今回はそんなコルゾのフライドバーガーについて詳しくご紹介します♩

これが驚愕のフライドバーガー!

出典:www.instagram.com

フライドバーガー 16〜24ドル(約1,783円〜約2,675円)

約230グラムというボリュームたっぷりのハンバーグパテを、赤みが残るようレアに焼きあげ、ほかの具材とまとめて包みこんで丸ごと揚げてしまった、インパクトたっぷりのメニューが「コルゾ・フライド・バーガー」。
ランゴーシュと呼ばれる、ナンのようにやわらかくほんのり甘いハンガリーの伝統的なパン生地を広げ、チーズ、ピクルス、カリカリに焼いたベーコン、マスタードをのせ、そこにレアに焼いたパテをのせて包み込みます。豪快に2分ほど揚げ、表面がカリカリのキツネ色になればできあがり!
外の生地はサクサクでジューシー、まるで揚げパンのような食感だけでなく、肉汁を全て包み込んだ旨味たっぷりパテのおいしさに驚く人が続出。包んで揚げるから、肉汁もソースもこぼさず全部楽しめる食べやすさなどからも人気が集まっています。
「ほかでは食べられない味」「一度食べたら必ずリピーターになる」とグルメなニューヨーカーたちも虜にしてしまっているようです。日本でもテレビで紹介され、ニューヨークへ行った際に立ち寄ってみたという方も増えています。ピロシキみたいな感じでしょうか?新食感のバーガー、一度は食べてみたいですね。

ブルックリン「コルゾ」

14歳のときにスロバキアからニューヨークに移住したというオットー・ジザックさんがオープンした「コルゾ」。コルゾにはスロバキアを含む東欧諸国の言葉で、メインストリートといった意味があり、多くの人が集まるにぎやかな場所のことを指すそうです。
内装は赤レンガ造りでおとってもブルックリンらしい雰囲気。伝統的な要素とモダンな雰囲気が混ぜ合わさった心地よい空間になっています。ジャズライブなども開催されているようでニューヨーク気分を満喫できますよ。

種類は5種類

オリジナル

牛肉、スモークベーコン、エメンタールチーズ手作りマスタードに自家製ピクルスを添えていただく「オリジナル」。初めての方はまずはこちらから味わってみましょう。

スラブ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

brokiga

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう