劇的に料理が映える!おしゃれな「和食器」で食卓にアクセントをプラス♩

古くから使い親しまれてきた和食器。最近では、あえて和食以外の料理を盛り付けたりして、自分なりの楽しみ方で活用する人が増えてきているんです。手軽に安く購入できる和食器から、食卓をおしゃれにするコーディネート術まで紹介していきます!

2018年7月30日 更新

2.楕円型食器でコーディネート

こちらは、2名分の食事のテーブルコーディネートですね。小さいおかずはひとりずつそれぞれの小鉢に分けて、大きいおかずは大皿にまとめて盛り付けられています。

お箸や取り皿、小鉢など、ふたつあるものは全て同じデザインで揃えているので、お皿の数が多くなってもまとまりよく見えます。落ち着いた、シックな印象に。

3.個性的なデザインでインパクト大

ひとつひとつの食器が個性的なデザインで、見ているだけで楽しい♩

野菜や果物、花の形の小鉢がとってもかわいいですね。小ぶりでも、パッと見たときに印象に残ります。彩りのあるサラダは、落ち着いた色のお皿に盛りつけて、料理の邪魔にならないように工夫が。シンプルなテーブルクロスに、それぞれの食器がよく映えていますね。

4.おばんざいランチでおもてなし

ランチョンマットや取り分け皿など、向かい合わせで対になるようなベースでコーディネート。おもてなしにぴったりなおばんざい料理が、和食器に盛り付けられることによりいっそう華やかになっています。

スキレットやガラスボウルなど、あえて洋風の食器と組み合わせることで、食卓をおしゃれに演出!

5.彩り野菜が和食器のアクセントに

センターにひいたテーブルクロスの上には、ご馳走がいっぱい。こんな日常スタイルでも、和食器ならではのセンスを感じられますよね。ゲストを招いても、お互い気を遣わずに食事を楽しめそうです。

茶碗や汁物の器以外に、取り皿も大きさを変えて2種類用意しておくと、使い分けができて良いですね。土鍋で炊いたご飯もとってもおいしそう!
4 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

korokoromaki

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう