リピーター続出!聖蹟桜ケ丘「ハグジードーナツ」はポップなNYスタイル♩

聖蹟桜ケ丘駅から徒歩約7分の住宅街にたたずむ「ハグジードーナツ」。ニューヨークスタイルのドーナツが、超キュートでおいしいと評判です。ココでは店舗で販売されているドーナツの種類や、お店までのアクセス、テイクアウト情報を徹底レポートします!

ニューヨークスタイルのドーナツが人気!

ジブリの大人気映画『耳をすませば』の舞台である、聖蹟桜ケ丘の住宅街にあるドーナツ屋さん「ハグジードーナツ」。“遊ぼう”をコンセプトに、子どもから大人まで幅広い年齢層の人がドーナツを買い求めに訪れています。

口コミサイトにあまり記載されていませんが、地元の人で行列ができることもある人気店です。ドーナツは予約もできるし、ケータリングも相談すれば対応可能だそう。地域密着、使い勝手のよさにリピーターになる人が後を絶ちません。

聖蹟桜ケ丘「ハグジードーナツ」

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」から徒歩で7分ほどの住宅街に、ひっそりとたたずんでいます。駅の東口から出て本屋さんの横を直進し、自転車屋さんの所で右折。しばらく歩いて左手にセブンイレブンがあり2手に分かれているので、ななめ左の方に進みます。

そこからしばらく歩いて行くと民家の脇に横に細い路地があり、その先にあるのがハグジードーナツです。あまりにも周辺になじんでいますので、もし迷ったらお店の方に尋ねてみてください。

外観の雰囲気は、周辺の民家に自然と溶け込んだ穏やかなオーラの古民家です。ポップで可愛らしい黄色の看板が、ウエルカムと言わんばかりに出迎えてくれますよ。まさに隠れ家的で、みつけたときは「とっておきの場所をみつけた」と思えるかも♩
内観も民家のつくりが、ほぼそのまま残してあり、落ち着いて過ごせる雰囲気です。入ってすぐのところに、テイクアウト用の販売スペースが設けてあります。出迎えてくれるのは、個性的な髪型で穏やかな印象のご主人と、1日限定カフェなどのイベントを手がける奥様。

絵本やオモチャがたくさん置いてああり、お子さん連れのお客さんもいっぱいです。思わず「ただいま」と言いたくなるような玄関先で、靴を脱いで店内へ進みます。まず目に飛び込んでくるのは、カフェメニューが書いてある大きな黒板です。
席は壁にソファ席とフローリングの上にじゅうたんを敷き、ちゃぶ台が置かれています。時の流れを、しばし忘れさせてくれるような穏やかな空間です。そんなあたたかい雰囲気のお店でいただけるニューヨークスタイルのドーナツには、強いこだわりがあると言います。いったいどんな思いがこめられているのでしょうか。

こだわりのドーナツ

ドーナツは、イラストレーターのご主人がデッサンし、農大出身・管理栄養士の資格を持つ奥様がカタチにすると話します。見た目のインパクトが大きく、自分用のごほうびや、ちょっとしたプレゼントにもピッタリです。
ドーナツには強いこだわりがあり、生地に使用するのは、パンのイーストと同じもの。化学保存料・化学着色料・人工甘味料・化学調味料は一切使われていません。また、卵不使用なので卵アレルギーの人でも安心して食べることができます。
実際に食べた人の感想や口コミをピックアップすると、「生地はフカフカでやわらか」「パンみたいなやわらかさ」「体によさそうなやさしい味のドーナツ」などの意見が、いっぱいありました。

ドーナツの種類は20種!季節限定商品も

ラインナップしているドーナツの種類は20種類以上です。時期によって、選ばれた6種類がショーケースに並びます。また、気まぐれに三輪車で駅前や公園などに出現することも。笑顔のステキな店主さんに会えたら、幸せのおすそ分けをしてもらえそうです。

ハグジードーナツ

シンプルイズベストなハグジードーナツ。ふんわり&モッチリとした生地に、薄めにアイシングのベールをかけてあります。試行錯誤を重ねてたどり着いた味だからこそ、想いを込めて店舗名がついているのでしょう。

食べた人の感想は「砂糖の甘さが邪魔をしません。小麦本来の甘みも感じられてペロリといけちゃいます」や「やさしい味で子どももパクパク食べちゃう」などの口コミがアップされていました。

特集

SPECIAL CONTENTS