巻きすひとつで簡単アレンジ!「雫玉子」で毎日のお弁当にちょっぴり変化を♩

あなたは「雫玉子」って知っていますか?普通のだし巻き玉子を焼きあがって熱いうちに「巻きす」で雫形に成形する卵焼きのことで、今、ひそかなブームなんです。少しの手間で、ただの卵焼きがかわいい卵焼きに大変身!作り方とアイデアレシピをご紹介します♩

2018年10月1日 更新

雫玉子でかわいくデコ弁当♩

お弁当に並べられた卵焼き。いつもの楕円形ではなく、かわいらしい雫の形になっていますね。この「雫玉子」はahiru_bentoさんという方が考案されました。amebloをはじめ、instagramでもステキなお弁当をいつも配信してくださっています。『Elle a table』、『まいにちお弁当』など雑誌にも掲載されているほか、『めざましテレビ』で紹介されるなど、いま話題のブロガーさんなんですよ。instagramのフォロワーはなんと3万人以上!
「雫玉子」のいいところは、ふつうのだし巻き玉子を巻きずしなどに使う「巻きす」で成形するだけで、切ったときに雫型のかわいい卵焼きができることです。「ただの卵焼き」がちょっとの手間をかけるだけで、かわいくてオシャレな卵焼きに早変わり!お弁当のマンネリを解消してくれる、うれしいレシピなんです。詳しい作り方もご紹介します!

新アレンジ「雫玉子」って?

「雫玉子」はその名の通り、雫の形をした卵焼きです。形がかわいいのでインスタでも映えますね!とっても美しい形に仕上がるので、普通の卵焼きは飽きてしまったという方におすすめ。少しの手間をかけるだけでこんなにかわいく仕上がるなんて、これは作ってみるしかありませんね。
ネットでもahiru_bentoさんの雫玉子をみて真似したくなる人が続出しています。卵焼きののアレンジといえばネギやカニカマなどの具を入れて巻くのが定番ですが、卵だけでこんなにキュートになるんですね。お弁当に入れた雫玉子がかわいいだけでなく、曲げわっぱのお弁当箱もまたかわいい!
かわいい雫玉子、お弁当に入れたらきっと喜んでもらえそうですね。でも、いったいどうやって雫型にするのでしょうか?

作ってみると、玉子を割って混ぜる方法、巻きすでの巻き方、火加減など、いろいろとコツが要ることがわかりました。作り方や失敗しないポイントを、順を追ってご紹介します!

雫玉子の作り方

雫玉子の作り方

Photo by zuenmei

今回はahiru_bentoさんの雫玉子を参考に筆者がオリジナルでレシピを作成してみました!

用意するもの

用意するもの

Photo by zuenmei

・玉子……3個(M玉がベスト)
・粉末出汁……ひとつまみ(80ccの水で溶く)
・しょうゆ……小さじ1
・砂糖……大さじ1.5
・塩……ひとつまみ
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

zuenmei

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう