食べる直前に解凍する

冷凍ごはんは、解凍してから時間が経つと水分が抜けて食感が悪くなってしまいます。食べる直前に、食べる分だけ解凍しましょう。解凍したごはんが余ったとき、再冷凍するとさらに味と食感が落ちてしまうので、避けてくださいね。

お弁当には入れない

冷凍ごはんは水が出やすいため、お弁当に詰めるのには向きません。 冷凍ごはんをお弁当に持っていきたい場合は、スープジャーのような保温できる容器に入れるのがおすすめです。

冷凍ごはんの保存期間

Photo by 上原 花菜

冷凍ごはんは、2週間以内に食べ切るのがベストです。長く冷凍庫に入れておくと味が落ちたり、ほかの食品の匂いが移ったりする可能性があるため、早めに食べるようにしましょう。長くても1ヶ月以内には食べきってくださいね。

おいしく食べよう!冷凍ごはんの活用レシピ5選

1. 濃厚なおいしさ。カルボナーラリゾット

Photo by macaroni

冷凍ごはんがリッチなひと品に早変わり!濃厚な味わいがたまらない、カルボナーラリゾットです。パスタよりも簡単に作れて、満足度たっぷり。少し硬くなってしまったごはんでも、おいしく食べられますよ。

2. パラパラ!納豆チャーハン

Photo by macaroni

納豆チャーハンはいかがでしょうか。具材はシンプルですが、納豆の風味とじゃこの旨味が広がります。納豆と卵をよく混ぜるのがふわっとパラパラ食感に仕上げるポイントです。ごはんを加えたあとは、強火でさっと炒めてくださいね。

3. ほっこりおいしい。あんかけ卵がゆ

Photo by macaroni

レンジで作るおかゆのレシピ。とろっとやわらかい卵あんかけがほっとするおいしさです。冷凍ごはんは解凍してから、水を加えて電子レンジで加熱してくださいね。食欲がないときや、お腹の調子が悪いときにぴったりです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ