ローディング中

Loading...

人気の寿司ネタでもある「ネギトロ」。みなさんはネギトロがどんな食べものか説明できますか?葱とマグロのトロでネギトロ?違います。本来のネギトロは、葱もマグロのトロも使っていないんです。じゃあ、今まで食べていたネギトロは何だったの?正解は……

ネギトロに葱が入っていなくても怒らないで

人気の寿司ネタのひとつでもある「ネギトロ」。みなさんの中にもネギトロ好きなかたや、食べた事があるという方は多いはず。

巻きもの、丼、軍艦巻きなど、いろいろなメニューがあるネギトロ。好きなネギトロメニューを頼んで、ネギが入っていないと不思議に思うことはなかったでしょうか?ネギトロなのに葱が入っていないのは、実は安物でも偽物でもありません。ネギトロには、本来葱が入っていないのが正解なのですから。

葱がない!トロさえない!ネギトロの正体

ネギトロを食べる際、ネギトロの「トロ」と呼ばれている部分はマグロのトロだと思っている方も多いのではないでしょうか。また、ネギトロのネギというのは野菜の葱だと思っている方がほとんどかもしれません。

ネギトロのトロというのはマグロの大トロや中トロではありません。ネギトロのあのピンクのネタには、マグロや他の魚の中落ちの部分などを細かくして作られていることがほとんどです。さらに、ネギも必ずしも加えなければならないものではありません。

ネギトロの呼び名は、魚の中落ちを「ねぎ取る」という意味から付けられたもの。ネギトロは、マグロの大トロや中トロを使わなくてもよいですし、葱が入っていなくてもネギトロと呼べるのです。

ネギトロの始まり

ネギトロが食べられるようになった由来には諸説ありますが、マグロを1本まるまるで扱っている業者が、売りものにできなかった中骨についている身(中落ち部分)をそぎ落として、食べやすいように叩いて食べていたことが始まりと言われています。

現在では中落ちも立派な商品として販売されていますが、昔はマグロといえば赤身で、中落ちの部分などはあまり売られることはなかったのです。

マグロじゃないことだってある!?

先述したように、ネギトロはマグロの中トロや大トロといったとろが使われているとは限りません。マグロではない、別の魚の中落ち部分を使っていることもが多いのです。

実際のお店のネギトロには、葱が入っていたり、マグロのトロを使われていたりするものもありますから、まさにそのような場合は、「葱(マグロの)トロ」となりますが、そうでなくてはならないわけではないんですよ。

ネギトロのトロは、マグロのトロに限定した言葉ではないということがわかりました。では、そもそも「トロ」とは何なのでしょうか。

そもそもトロとは

トロと呼ばれるものは、マグロのみだけではなく、その他にも様々なお魚やお肉などにも使われます。一般的に、トロと呼ばれるのは、魚のたっぷり脂がのっている部位を指しています。

マグロであれば中トロや大トロになりますが、この他別の魚や牛の大トロ部分と表すこもあります。豚肉の場合は、豚トロという言葉を聞いたことがありませんか?このように、「トロ」と言った場合、マグロに限らず、魚全般、肉に対しても使われていることが多いのです。
▼マグロに詳しくなれる情報はこちら

ネギトロの魚はどんな魚?

近年では、回転ずしをはじめとし、リーズナブルにお寿司が食べられるお店が増えてきましたよね。どのお店に行っても基本的にネギトロはありますが、提供しているネギトロにマグロ以外のお魚を使っていることはよくあるそう。

マグロの大トロや中トロは高価なため、リーズナブルにお寿司をたのしめるお店などでは、とにくそういったマグロに似た食感を持つお魚や、風味が似ているお魚などのトロの部分を使っている可能性は高そうです。

例えば、ネギトロとしてよく使われているお魚の一つに「アカマンボウ」があります。アカマンボウは、職人でもマグロと間違えてしまうほど風味や色合いがとても似ているため、ネギトロの材料に使われることが多いようですよ。
▼おいしいお寿司屋さんでネギトロ食べてみない?

でもやっぱり葱入りが好き!葱入りネギトロレシピ

お寿司屋さんで提供されるネギトロには、マグロのトロやネギそのものが使われていないこともあります。ですが、やはりマグロを使ったネギトロが食べたい!という方も多いのではないでしょうか。次に、おすすめのマグロを使ったネギトロレシピをご紹介します。

1 ネギトロ丼

たっぷりのネギを混ぜたネギトロをごはんの上にのせれば、豪華なネギトロ丼のでき上がり。長芋を加えることによって食感が良くなり、白ゴマで風味がアップします。食べる際にはわさび醤油ではなく、少々甘めの刺し身醤油をかけてもおいしいですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

生はちょっと危険!「なめこ」の正しい下処理とおいしい食べ方をガイド

レシピ

独特のぬめりが特徴のなめこ。お味噌汁などを中心に、食卓にあがることも多いですよね。しかしなめこの正しい調理法をご存じですか。なめこは洗った方がいいのか?なめこの正しい食べ方や保存期間、おすすめの使い方レシピま…

とろとろ「タンシチュー」の絶品レシピ!圧力鍋や炊飯器での作り方も◎

レシピ 牛タン

とろとろ食感がたまらないタンシチュー、年齢問わず人気ですよね。ポイントさえ押さえれば、意外と簡単に絶品タンシチューを作ることができます。今回は、普通のお鍋を使ったタンシチューレシピと、圧力鍋や炊飯器を活用した…

コリッとやわらか「豚軟骨」のレシピ15選!下処理法も解説◎

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

【赤身・白身・光りもの】人気の寿司ネタガイド30種!

まとめ 寿司

日本食の代表、寿司。そのネタの種類は定番のまぐろ、海老、うに、いくらをはじめ、お店のオリジナルネタ、最近では海外の魚や貝など、おいしい寿司ネタは数え切れないほどありますよね。それぞれのネタの特徴を知ると食べる…

簡単おしゃ見え!「鯛のカルパッチョ」のレシピ&ソース別アレンジ7選

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

何分前なら食事はOK?運動前のおすすめ食材まとめ

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

ペットボトルの底はペタロイド?意外と知らない「食」にまつわる正式名称まとめ

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

【日本酒ランキング】酒のプロが選ぶ1,500円以下のおいしい日本酒

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

しっとり美肌が手に入る!? 余った日本酒のスマートな活用法3選

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

夏バテで食欲がないときに☆胃に優しい食べ物のまとめ

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

果肉をぐびぐび!伊勢「まるごと果汁店」のフレッシュジュースが新感覚♩

フルーツ 食べ歩き

伊勢志摩に来たら誰もが必ず訪れるのが伊勢神宮でしょう。その門前町の様子を江戸時代の町並みで再現したおかげ横丁は、お伊勢参りの楽しみのひとつ。中でもSNSで話題になっているのがオレンジにストローをさした、その名…

激かわモンスター襲来!?「路地 氷の怪物」のかき氷が台湾で大ブレイク中♩

かき氷 台湾 スイーツ

台湾スイーツはいろいろありますが、かき氷も定番のひとつですよね。台北にある「路地 氷の怪物」では、台湾女子が1時間待ってでも食べたいフォトジェニックなかき氷が味わえるようですよ。今回は人気の秘密から気になるフ…

キッチンに未確認生物!?「オトトデザイン」のネッシーグッズが謎かわいい♩

イスラエル生まれの生活雑貨ブランド「オトトデザイン」のかわいすぎるグッズが、海外で人気を集めています。アーティスティックなキッチングッズで、SNS映えするお料理づくりを楽しんでみませんか?商品の価格や購入方法…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る