ゴーヤの苦味が気になる!上手な取り方【レンジ・塩・酢】徹底ガイド

ゴーヤの独特な苦味が苦手という方もいらっしゃいますよね?体によい栄養素がいっぱいのゴーヤの苦味を和らげる方法はない?今回は簡単にゴーヤの苦味を和らげられる方法をたくさんご紹介します。食べやすくなったゴーヤを食べて夏を乗り切りましょう!

2017年11月29日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ゴーヤの苦味なんとかしたい

栄養価が高い夏の野菜、ゴーヤ。食欲がなくなりがちな夏場に食べると、なんだか体の中から元気になったような気がしてきますね。そんなゴーヤですが、体によいということは分かっていても、あの苦みがどうも苦手という方もいるのではないでしょうか。 一方で、あの苦みが好きという方もいますが、それでも極端に苦みが強いと料理のおいしさが半減してしまいます。ゴーヤは調理する前にひと手間加えるだけで苦味を消したり、和らげることができるのです。今回は、そのテクニックをお伝えします。

ゴーヤの苦味の取り方

ゴーヤの苦みを取るには、様々な方法があります。どれも簡単な方法ですので、調理する際の参考にしてくださいね。

塩もみする

ゴーヤの苦味は、軽く塩もみをすることで和らぎます。ゴーヤの苦味成分である「モモルデシン」は、塩もみをすることで水分と共に抜け出してくれるのです。 ただし塩もみをする際に強く塩を揉み込んでしまうと、逆に苦味が強くなるためゴーヤ1本に対し、小さじ半分程度の塩をなじませるとよいですよ。 ゴーヤの塩もみをする際は、皮が付いた状態で表面を板ずりするような形で行ないましょう。20分ほどが目安です。塩をつけることで下味をつける代わりにもなりますので、その後の調理もスムーズに行なえますよ。

塩と砂糖でもむ

塩だけではなく砂糖も一緒に使うことによって、ゴーヤの苦味をよりしっかりと取り除くことができます。 その際は、ゴーヤ1本に対して小さじ半分程度の塩と砂糖をもみこみましょう。意外にも砂糖のみを使った場合の方が塩と砂糖を併用した場合よりも苦みを感じることが多いようです。

塩水に漬ける

塩や砂糖をもみこんでもいいですが、手が荒れてしまうという方やもっと簡単にゴーヤの苦味を取り除きたい場合は、塩水につける方法もあります。 塩と砂糖を同量の水に溶かし、ここにゴーヤを浸けて苦みを取り除きましょう。塩をもみこむ方法や、塩と砂糖をもみこむ方法と同じような効果が期待できますよ。 ゴーヤを少し長めに浸けておくと苦味がより和らぎます。1本のゴーヤに対し、30分を目安にしてみてくださいね。

油と合わせる

ゴーヤを使ったメニューと言えば、やはりゴーヤチャンプルーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ゴーヤは油と一緒に調理をすることによって苦み成分が油に溶け出してくれます。 ただし、炒めた油に苦味のもとになる成分が溶け出しているので、お皿に溜まった油や煮汁に苦味を感じることもあるでしょう。ゴーヤを揚げた上で、お料理に使うほうがより苦味が和らぎますよ。一度素揚げしたゴーヤは食感もよくなります。

特集

FEATURE CONTENTS