「胡瓜が苦い」原因は?苦味をなくす簡単テク&レシピをチェック◎

胡瓜が苦いと感じたことはありませんか?腐っていると思って捨ててしまったという方もいるかもしれません。胡瓜が苦いのには理由があり、食べる前に取り除く方法もあります。せっかくのみずみずしい胡瓜、苦味を除いておいしく食べましょう!

2018年5月2日 更新

手順

1.胡瓜の両端のヘタの部分をカットする。
2.切りおとしたヘタと、胡瓜本体の切り口をこすり合わせる。
3.出てきた白い泡状のものを取り除けば完了です。

この白い泡状の水分にククルビタシンが多く含まれています。胡瓜の両端で同様の工程を行います。泡状のものが出なくなるまでこすり合わせれば苦みは取れますよ。

苦味がやわらぐ胡瓜レシピ3選

生で食べるイメージの強い胡瓜ですが、火を通してもおいしくいただくことができるのです。加熱処理をすることで胡瓜の苦味を取り除くことができますので、以下のレシピを試してみてはいかがでしょうか。

1.胡瓜の味噌汁

温かいお味噌汁としてももちろんおいしくいただけますし、冷やして冷たい味噌汁にすればさっぱりと食べられて、食欲がないときにもおすすめです。

みょうがやとろろなどをプラスしてもよさそうですね。胡瓜自体はクセのない野菜のため、比較的どの野菜とも合わせやすい食材です。

2.胡瓜とじゃこの炒め物

炒めるときに胡瓜から出る水分をきちんと飛ばしておけば、お弁当の副菜として入れることもできます。生の胡瓜が青臭くて苦手な方も、こちらのものならばおいしくいただけるのではないでしょうか。

じゃこ、塩昆布、かつおの味がしっかりとついているため、ご飯にまぜて、おにぎりにしてもよいですよ。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう