パンケーキがこの美しさ!10年品質保証の奇跡のフライパン

表面には美しいツヤさえ感じる焼き色。厚みも均一でふっくら! 一度見たら、くぎ付けになるこの美しいパンケーキのヒミツはフライパンにありました!今回はデンマーク製の奇跡のフライパン「スキャンパン」の魅力をご紹介します。

2017年12月25日 更新

パンケーキがこの美しさ!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
表面にツヤさえ感じる美しい焼き色。厚みが均一でふっくら! 一度見たら、目がくぎ付けになるこのパンケーキ、ヒミツはフライパンにありました。

世界中の料理愛好家に支持されるキッチンアイテム、その魅力と実力を追跡します。

その正体はデンマーク製の「スキャンパン」

この美しいパンケーキを焼き上げるのは、1956年にデンマークで創業したブランド「スキャンパン」。そのヒミツをスキャンパンの輸入・販売をしているエス・アンド・ケー株式会社の森若栄一さんに聞きました。

「一見すると普通のフッ素樹脂加工フライパンですが、そのボディは超高密度! 熱伝導がよいアルミニウムに、ジャンボジェット1機分にもなる250トンの圧力をかけて約1/3にまで圧縮し、成形しているんです」

厚みが薄く見えても中身がギュッと詰まっているのがスキャンパン。その高密度からは4つの奇跡が生み出されるのだそう。

【奇跡①】均一の熱伝導でムラなく美しい焼き色に

つい触ってみたくなる、すべすべして輝きすら放つ均一な焼き色。表面の美しさはさることながら、側面まで同様に焼けていることに驚きます。

「一般的なフライパンだと、直火やIHなどの熱源が当たる部分と当たらない部分で、焼き色に差が出てしまいます。スキャンパンは高密度だからこそ、どんな熱源でも全面に素早く熱を均一に伝えることができます。だからこの焼き色が実現するんです」
森若さんが「均一な熱伝導がひと目でわかるから」と実演してくれたのが、スキャンパンでお湯を沸かしたときの液面。全面に同じ大きさの気泡が広がっていて、加熱にムラがまったくありません!

【奇跡②】もはや消耗品じゃない! 10年間の品質保証

「スキャンパンはフッ素樹脂加工の中に、鉄よりかたいセラミックチタンが内蔵されているので、耐久性がすごい。細かなキズはついてしまいますが、金属ヘラを使ってもフッ素樹脂がはがれることはなく、耐久性が落ちません」

その絶対的な自信の表れが、10年間のメーカー保証。フッ素樹脂加工の機能が落ちた場合、不良品だったとして10年間は無料で新品に交換してくれるんです。フッ素樹脂がはがれたら使い捨てる「消耗品」というのがフッ素樹脂加工のフライパンのイメージなので、これは驚きです!
ちなみに上の写真は、森若さんが8年間使っているスキャンパン。金属ヘラも使っていたのでキズはついていますが、肝心のフッ素樹脂加工ならではの撥水機能はそのまま、水をしっかりはじいています。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_repro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう