意外と知らない大人のマナー講座 〜お寿司屋さん編〜【社会人必見】

冠婚葬祭から日常のおつきあい、ビジネスや食事など、必ずシーンに合ったマナーがつきもの。いざという時に慌てないためにも事前に知っておきたいですよね。そこで本企画では、大人として最低限知っておきたいマナーをシチュエーションごとにピックアップ。今回は、レストランに比べちょっと敷居が高い印象がある「お寿司屋さん」にフォーカス。NGマナーとともにご紹介します。

意外と知らない大人のマナー講座 〜お寿司屋さん編〜【社会人必見】

冠婚葬祭から日常のおつきあい、ビジネスや食事など、必ずシーンに合ったマナーがつきもの。いざという時に慌てないためにも事前に知っておきたいですよね。

今回は、レストランに比べちょっと敷居が高い印象がある「お寿司屋さん」での正しいマナーをピックアップ。NGマナーとともにご紹介します。

フラッと立ち寄るのは常連飲み!事前予約はしっかり!

※「銀座・寿司幸本店」4代目・杉山衛氏のインタビューより
ふらりと訪れて、ちょいとつまむ・・・、そんな姿が粋なのは、あくまで常連の話。
「初めてであれば、予約をして訪れるのが礼儀だし、安心ですよ」
 電話では知りたいことはなんでも聞き、必要な情報があれば伝えること。
「そのとき、受け答えを面倒がる店はよい店ではないですよ。態度が悪いと感じたら、店をかえるのもいいでしょう」
 確かめておくことは、おまかせにするか、お好みか。禁煙席の有無など。同時に接待とか、記念日といったこちらの状況も伝えておきたい。
 予算は、おまかせであれば、電話で聞いた金額から大きくずれることはまずない。

出典: hwm5.gyao.ne.jp

また、お好みで頼む場合も、トロやアワビなどの高めの寿司を連発しなければ、想定の2割増しくらいでおさまるはずとのこと。

食べるときは手づかみでも箸でもどちらもでもOK

寿司は、「江戸前の時代から手掴みで食べるものと相場が決まっている」とよく言われます。しかしその一方で、箸でつまんで食べる人も居るわけです。これはどちらが正しいのでしょうか? その答えは「その人にとって食べやすいのであればどちらも正しい」のです。しかし、箸でつまむと崩れてしまったり手で掴むと手の温度が移ってしまったりと、一長一短です。結局のところ、手も箸も「綺麗に寿司を食べるためにある」のです。箸でつまむ時は優しくネタとシャリの両方から挟むようにしましょう。

出典: www.sushiwalking.com

寿司を逆さにして持ち、口に入れた時にネタが下になるように食べるのがよいとされています。

この食べ方をすると、醤油をつけるときもお寿司が崩れないため、スマートにいただけますね。

出された寿司はすぐ食べよう!

食べ方は人それぞれで、ゆっくり食べるのもいいですが、できあがったにぎり寿司を、そのままにしておくのは勧められません。
にぎり寿司は、握り始めた瞬間から乾燥と酸化が始まり、変色します。
時間が経つにつれて、ネタの鮮度が失われて、おいしさも半減します。
それを防ぐために、職人はさっと握っています。

したがって、できあがったにぎり寿司をそのままにしておくのはよくないのです。
職人の心意気に報いるように、できあがったらすぐ食べるのがマナーです。

出典: happylifestyle.com

大抵は主役や女性から順に出してくれるお店が多いようですが、全員に出されるまで待つ必要はなし!

タバコや強い匂いを放つ香水などは厳禁

香水は付けずに行くのが、他のお客さんへの配慮です。お寿司は繊細な料理なので、香水の匂いでぶち壊しになってしまうことも。

 また、タバコは隣のお客さんに一言断りを入れてから吸うのが、大人のマナーです。タバコも匂いのキツいものですから、せっかくのお寿司を堪能できなくなります。

 この為、お店によっては、全席禁煙の所があります。

出典: howcollect.jp

行く時には香水を付けないか微かに香る程度のものにしましょう。

食事が終わったらすぐに退店

お金を払っているのだから、長居してもいいだろうと思います。
無理に急いで食事をする必要はありませんが、食事が終わってから注文もせずに話を続け、いつまでも居座るのはよくありません。
ほかのお客さんが入りづらくなります。

出典: happylifestyle.com

特集

SPECIAL CONTENTS