冷食のプロが伝授!2017年「冷凍麺の三大トレンド」とマスト買い商品7選!

2017年2月21日放送の人気情報番組『ヒルナンデス』で、便利でおいしい今年の冷凍麺の三大トレンドが紹介されました。水のいらないラーメンや汁のないうどん、本格パスタなど、2017年の冷凍麺トレンドをまとめてみました。

冷凍麺のいまトレンドな商品は?

2017年2月21日に放送された『ヒルナンデス』で、2017年の冷凍麺の三大トレンドが紹介されました。紹介してくれたのは元冷凍食品新聞の編集長・山本純子さんです。山本純子さんは長きにわたり冷凍食品の報道に携わり、冷凍食品研究家、冷凍食品ジャーナリストとして活躍されている、冷凍食品の専門家です。

山本さんによると、2017年の冷凍麺の三大トレンドは「汁なし」「水がいらない」「具だくさんでちょっとお高いプレミアム」だそう。ここでは、紹介された冷凍麺のトレンド商品や、ほかの人気商品をご紹介します。

1. テーブルマーク「XO醤使用ゆでジャージャー麺」

出典:www.instagram.com

参考価格 356円 内容量 271g/カロリー 366kcal(1食あたり)/調理法 電子レンジ

XO醤などを中心に仕上げた、うまみの強い肉味噌がアクセントに。大きめの野菜も嬉しいポイントです。1食分271g。電子レンジでチンするだけで食べられます。
甘みを抑えた肉味噌は、最後まで飽きることなく完食できるとの声が寄せられています。麺は太めで縮れているので味噌がよくからまります。何より、二色のパプリカやチンゲン菜の存在感が大きく、歯ごたえもちゃんと感じられるそうですよ。

2. 日清「汁なしカレーうどん黒」

出典:www.instagram.com

参考価格 217円 内容量 305g/カロリー 381kcal(1食あたり)/調理法 電子レンジ

牛すじ肉が入った真っ黒なカレーがポイントの汁なしカレーうどんは、もっちりとしたうどんにスパイシーなカレーがよく合います。じっくり煮込まれた牛すじ肉はとろける食感。ネギも入って1食分305g。電子レンジで簡単に調理できます。
真っ黒な色はパッと見た感じ、辛いのか?濃いのか?なんて思いますが、実は意外と辛味は少なく、とても食べやすい味なんです。カレーというよりデミグラスに近い味わいなんだとか。歯応えのあるもっちもちのうどんも高評価を得ているようですね。隠し味に苦みの効いたカカオが使われているので、辛味はなくともコクが効いているのかもしれませんね。
▼「汁なしカレーうどん黒」は楽天市場でも購入できます

3. キンレイ「お水がいらないラーメン北魁・味噌」

出典:www.instagram.com

参考価格 475円 内容量 484g/カロリー 563kcal(1食あたり)/調理法 鍋

お水がいらないラーメンシリーズ北魁は、スープ、麺、具がひとつになった味噌ラーメンです。お鍋に入れて温めるだけで食べられます。中太麺に野菜と節類の豊かな香りの味噌スープがよく合います。直火焼きのチャーシューと炒め野菜も入っています。内容量484g。
麺とスープがとてもおいしいと評判のこちらの商品は、入っている具材とは別にモヤシやキャベツをトッピングする方が多いようです。そうすれば特別なごちそうラーメンになりそうですね。野菜エキスの溶け込んだスープは、最後まで飲み干せてしまう量とおいしさなんです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう