くるくる巻いてワンハンド♩「どんどん焼き」はおやつにぴったり!

お箸にくるくる巻いて食べる「どんどん焼き」のレシピをご紹介します。片手で食べられる、お祭りの屋台を思い出しますね♩たっぷりのソースがたまりません!手軽に作れるので、おやつや小腹が空いた時などにぴったりのレシピですよ。

2017年3月14日 更新

うまみがギュッ!どんどん焼きのレシピ

お好み焼きは大阪だけじゃないんですよ♩山形県民のソウルフード、「どんどん焼き」のレシピをご紹介します。

お祭りの屋台などでも売られていたりするので、食べたことがあるという人もいるのではないでしょうか。ふつうのお好み焼きとちがい、お箸に巻きつけて食べるんです。ひと口サイズの中にソーセージや卵、チーズなどトッピングのうま味がぎゅっとつまっています!子どもの頃が懐かしくなる味ですよ♩

どんどん焼きの材料

どんどん焼きの材料

Photo by macaroni_channel

小麦粉:100g
水:150cc
かつおだし : 小さじ1/2杯
紅しょうが:10g
魚肉ソーセージ:2cm程度(15g)
とろけるチーズ:20g
青のり粉:小さじ2杯 
のり:3枚(3cm四方角)
卵:1個
お好みソース:適量
サラダ油:適量(フライパン用)

どんどん焼きのレシピ

1. 生地を作ります。

ボウルに小麦粉、かつおだし、水を入れて、泡立て器でだまがなくなるまでよく混ぜ合わせます。

Photo by macaroni_channel

ボウルに小麦粉、かつおだし、水を入れて、泡立て器でだまがなくなるまでよく混ぜ合わせます。

2. 生地と具材を焼きます。

2. 生地と具材を焼きます。

Photo by macaroni_channel

弱火で熱したフライパンにサラダ油をひき、お玉1杯分の生地(1/3の量)を流し入れて、長方形に伸ばします。
広げた生地の手前に魚肉ソーセージを2枚と紅しょうが、青のり粉、のり(トッピングは全量の1/3ずつです)をのせて、中央に溶

Photo by macaroni_channel

広げた生地の手前に、3mm幅に切った魚肉ソーセージ2枚、みじん切りにした紅しょうが、青のり粉、のりをのせます。さらに、白身を切るように軽く溶いた溶き卵(1/3個分)を中央に流し入れます。(動画ではちょっと生地からはみ出していますが、はみ出さないように注意してくださいね!)

3. 裏返して、ソースとチーズをのせます。

具材を全てのせたら中火にし、生地の表面にプツプツと穴があいてきたらフライ返しなどで裏返して上から軽く押さえます。

Photo by macaroni_channel

具材を全てのせて中火にし、生地の表面にプツプツと穴があいてきたらフライ返しなどで裏返して上から軽く押さえます。
生地にお好みソースをかけて薄く伸ばします。

Photo by macaroni_channel

生地にお好みソースをかけて薄く伸ばします。
チーズを手前から5〜6cmの部分に散らします。

Photo by macaroni_channel

チーズを手前から5〜6cmの部分に散らします。

4. お箸に巻いていきます。

チーズが溶けてきたらフライパンから取り出し、チーズの面を上にしてまな板の上に置きます。

Photo by macaroni_channel

チーズが溶けてきたらフライパンから取り出し、チーズの面を上にしてまな板の上に置きます。
割り箸を割らずに先を開き、具材が乗っていない方の生地の端を挟んで、きつめにくるくると巻きつけていきます。

Photo by macaroni_channel

割り箸を割らずに先を開き、魚肉ソーセージなどの具が乗っていない方の生地の端を挟んで、きつめにくるくると巻きつけていきます。ひと巻きするたびに、フライ返しなどで軽く押さえながら巻くときれいに巻けますよ。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう