4、自家製麺ほうきぼし+ 神田店(神田)

カウンターとテーブル席があり、どこか家庭的な雰囲気もあるお店です。神田という場所柄もあってか、仕事の合間や帰りに寄るサラリーマンが多いようですね。初めてでもふらっと入りやすい雰囲気です。
台湾まぜそばZ 850円
Zとついてはいるものの、奇をてらったようなところはなく、スタンダードな台湾まぜそばを楽しむことができます。ほかの店舗でも同じかもしれませんが、器の底からがっつり混ぜるのがおいしくいただくポイントのようです。
汁なし担々麺 850円
汁なしで、辛いもので……しかしちょっと趣向を変えたいときには、こちらの汁なし担々麺はいかがでしょうか。もちもちの太麺と、しっかり濃い味の担々麺の味が抜群にマッチ。もう一度食べたくなること請け合いです。
【店舗情報】

■店舗名:自家製麺ほうきぼし+ 神田店
■最寄駅:JR中央線【神田駅】(北口)徒歩30秒
     東京メトロ銀座線【神田駅】徒歩1分
■住所:東京都千代田区内神田3-19-9
■電話番号:03-3251-8053
■営業時間:
月~金 11:00~15:00/18:00~23:00(L.O)
土 11:00~19:00
祝 11:00~15:00
材料がなくなり次第閉店させていただく場合もございます。
■定休日:日曜日
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13151919/
■公式HP:http://houkibosi.dip.jp/kanda.html

北区・練馬区エリア

1、麺処 夏海(赤羽)

雑誌などで紹介されることも多い赤羽の有名店。駅前から徒歩3分程度なので、帰りのちょっと寄ってみるのもいいかもしれません。カウンターのみで満席になっていることもありますので、時間帯などは注意が必要です。
赤羽まぜそば 780円
こちらの「赤羽まぜそば」は月曜日限定の商品。これを食べるためにわざわざ月曜日を狙って訪れる人もいるという人気ぶりです。麺はもちろん、食べ終わったあとのご飯との相性も抜群。最後の最後まで楽しめますよ。
豊穣清湯醤油ラーメン 750円
こちらのお店のレギュラーメニューにして、一番人気の商品がこちらです。出汁の風味はもちろんですが、そこにそれを壊さない程度にしっかりと生姜がきいているのがおいしさのポイントなんだそう!
【店舗情報】 ■店舗名:麺処 夏海 ■最寄駅:JR各線「赤羽」駅(東口)より、徒歩3分 ■住所:東京都北区赤羽1-18-4 ■電話番号:03-3902-2833 ■営業時間: 11:30~15:00  18:00~22:00 ※スープなくなり次第終了 ■定休日:無休 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13135990/

2、麺 酒 やまの(練馬)

ラーメン屋でもありながら、居酒屋のような雰囲気もある店内。おつまみ的なメニューもありますから、軽く一杯、というときにもちょうどよいお店かもしれません。テーブル席もありますから、複数人で行っても大丈夫ですね。
台湾まぜそば 780円
にんにくとニラは注文時に抜いてもらうこともできるようで、それなら昼間から食べても大丈夫ですね。太麺とトッピングがしっかり絡むので、量はありますが意外とあっという間に食べてしまえるよう。
煮干し中華そば 750円
もちもちした麺の舌触りが特に人気のこちらの中華そば。名前のとおり煮干しの出汁がしっかり出ていて、コクのあるスープに仕上がっているんだそう。具材も少なくシンプルではありますが、素材の味をしっかり味わえます。
【店舗詳細】 ■店舗名:麺 酒 やまの ■最寄駅:西武池袋線・都営大江戸線練馬駅から徒歩3~4分 ■住所:東京都練馬区豊玉北5-23-11 豊玉ビル B1F ■電話番号:03-3557-7099 ■営業時間: [火~金]11:30~14:00(L.O) 18:30~翌2:00(L.O.25:45) [土・祝]11:30~14:30(L.O) 18:30~翌1:00(L.O.24:45) [ 日 ]11:30〜14:30 18:30〜23:00 (5月まで) ※第2、4日曜日はランチ営業のみ ※6月より、日曜日はランチ営業のみになります。 ■定休日:月曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13154616/

その他エリア(葛飾区・国分寺市)

1、ラーメン燈郎(新小岩)

有名ラーメン店、麺屋一燈の系列店です。二郎系を謳ってはいるものの、二郎をまったくそのまま踏襲しているというわけではなく、お店らしい工夫がされているのだそう。店内も、女性でも入りやすい雰囲気のようです。
台湾まぜそば 800円
こちらでは、台湾まぜそばは木曜限定のメニュー。なかなか辛味が強いようで、食べているうちにじんわりと汗が出てくるという意見もちらほら。ライスはサービスなので、追い飯で〆のがおすすめです。
らーめん並盛 800円
たっぷりのった具材とボリューミーなチャーシュー、濃厚そうなスープというビジュアルはまさに二郎系といった風格ですが、ひと口スープを口に運ぶと意外にもまろやかでやさしい味わいなんだそう。二郎が苦手なひとでもおいしく食べられるという意見もあります。
【店舗情報】

■店舗名:ラーメン燈郎
■最寄駅:JR総武線「新小岩」駅(北口)より、徒歩1分
■住所:東京都葛飾区東新小岩1-1-1
■電話番号:03-3696-7187
■営業時間:
11:00~14:00
18:00~23:00
■定休日:無休(※夏季休暇・年末年始休暇あり)
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13128244/
■公式HP:http://www.menya-itto.com/aboutus/menu/torou/

2、中華そば ふうみどう(国分寺)

店内にはいくつかのサイン色紙が飾ってあり、芸能人のファンも多いようですね。ラーメンの材料やおいしい食べ方について書かれた紙が貼ってあったり、ラーメンを待つ間も退屈せずに過ごすことができそうです。
台湾まぜそば 750円
今までのものに比べて具材の種類も減っており、ぐっとシンプルな見た目になっています。しかしひとつひとつの具材がしっかりと調理されており、混ぜ合わせたときの満足度はかなり高い一杯に仕上がっていますよ。
味玉中華そば 750円
ここにきたら、台湾まぜそばの他にもぜひ食べてほしいのがこちらの『味玉中華そば』。チャーシュー、卵、メンマ、なるととトッピングはオーソドックス。すっきりしたコク深い味わいのスープと麺の味わいは、ついクセになってしまうのだそう。
【店舗情報】 ■店舗名:中華そば ふうみどう ■最寄駅:JR中央線 国分寺駅北口 徒歩4分  ■住所:東京都国分寺市本町2-12-1 ■電話番号:080-3478-2310 ■営業時間: 11:30〜15:00 18:00〜22:30 日曜は21:00まで ■定休日:日曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132502/13128243/

東京で「台湾まぜそば」を食べよう

いかがでしたか?名古屋の名物「台湾まぜそば」ですが、東京都内でも提供してくれるお店が増えているようです。 辛味の効いたひき肉と卵黄のまろやかさが絶妙にマッチする台湾まぜそば、ぜひ味わってお気に入りの店舗を見つけてみてくださいね。
▼台湾まぜそばをご家庭で作れるようですよ。レシピは下記ご覧ください。
▼渋谷のおすすめラーメン店情報は、こちら!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ