くるんと巻くだけテクいらず!「ハートかまぼこ」で胸キュン弁当の完成♩

「ハートかまぼこがかわいい!」とネットで評判になっています。instagramでハートかまぼこが入ったお弁当の画像が何枚もアップされているんですよ。作り方はいたって簡単。みなさんも作ってみてはいかがでしょうか。

2018年10月11日 更新

作り方

1. まず、かまぼこが板についたままの状態で1センチ間隔に切り込みを入れていきます。さらにその真ん中(5ミリずつ半分になる感じ)に切り込みをいれます。このとき、全て切ってしまうのではなく、端の1cmを残してくださいね。
2. 切り込みを入れたら、板から切り離しましょう。切り離すと、かまぼこの上の部分が繋がっていますよ。
3. 下に広がっている両端を上に持ち上げて左右を合わせると、ほら!ハートの形になりますよね。はずれないようにパスタやつまようじ、ピックでとめましょう。隙間に入れるなら、そのままでも大丈夫ですよ。
かまぼこを厚く切ると割れやすくなるので、薄くカットするほうがいいですね。ここがポイントです。簡単なので、やってみてくださいね。

みんなのハートかまぼこをチェック♩

同じハートの形でも人によって個性があるようです。形よく見せるために工夫もされています。みんなのお弁当の中身をのぞいてみましょう。
キャラ弁のあしらいで見立てた食材とハートかまぼこがとってもかわいいですね。
トマトの赤、サラダと揚げ物、レタスの緑と色のバランスを考えて作られたお弁当です。色合いが鮮やかでとってもおいしそう。
このハートかまぼこは、繋がっている部分を下にして両サイドからギューッと中に入れ込んでいます。はずれないように、ハートの上の部分をピックでとめています。こういうやり方もあるんですね。
オムライスにあしらいされた海苔の模様もすてきですが、ハートのかまぼこを添えることでもっと鮮やかに仕上がっていますね。
ハートかまぼこは、作り方と同じものです。下は何もとめずにそのまま飾っています。お弁当箱のすきまに上手に詰めれば、はずれることもありませんね。
丸形のお弁当の形がただでさえかわいいのに、ハートのかまぼこを入れることでもっと華やかに仕上がっていますね。色合いもきれいでバランスがとれたお弁当です。
そぼろごはんのお弁当です。茶色のおかずに合わせるとお弁当の中が明るくなりますね。緑の側だと、ピンクのハートが映えます。
ピックにもいろんな形があるんですね。かまぼこの向きによって、見た感じも違ってくるのではないでしょうか。

ほかのハートおかずもおすすめ!

かまぼこ以外に、ハートの形のおかずもまだあります。ちくわ、卵、ウインナーのハートの作り方にもチャレンジしてみてましょう。

ハートちくわ

すきやきふりかけとチーズを使った、ハートちくわの作り方です。ちくわを縦に4等分になるように切って、両端を真ん中に寄せるようにしてハートの形を作ります。はずれないように、サラダ用のパスタでとめます。
その上からすき焼きふりかけをふりかけ、小さく切ったスライスチーズをのせてトースターでチーズが溶けるまで焼くと、できあがりです。
ちくわはそのままでもいいですが、青のりをふりかけ衣をつけて揚げると、“磯辺焼き”になります。ベーコンの上にチーズをのせてもおいしそうです。色々アレンジしてみてくださいね。
▼こちらの記事もご覧ください
2 / 3

特集

SPECIAL CONTENTS