食感と温度が鍵!「ゼラチン」「寒天」「アガー」は何が違うの?

料理のときの凝固剤として使われる「寒天」「ゼラチン」「アガー」。どれもきちんと食品を固めてくれるものですが、一体どのような違いがあるのでしょうか。今回はそれぞれの特徴を中心に、代用できるかなどをまとめてみました。

2019年5月23日 更新

アガーの代用

アガーの代用にはゼラチンがおすすめ。アガー特有の透明感は再現できませんが、食感は近いものに仕上がります。ただし、ゼラチンはアガーと違って常温でも溶けてしまうため、できあがったあとに長時間置いておくような状況下ではゼラチンも向きません。

特徴を知って凝固剤を賢く使おう!

ゼラチン、寒天、アガーの違い、お分りいただけたでしょうか。それぞれにはそれぞれの良さがあるので、レシピで記載されているものをきちんと使用して料理に生かすことがベストです。これであなたも、料理上手に一歩近づくはず!
【参考資料】
(2019/05/21参照)
▼これらの違いも、知ってるような知らないような……?
7 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう