【女性編】パーティも結婚式もお手の物!場面別ドレスコード知識まとめ

正直良くわからないドレスコード…必要に迫られる場面が来てから慌ててしまうこともしばしばです。ここでは、そうならないためにドレスコードが指定されるであろう場面別にどういう格好がいいのか、悪いのかまとめてみました。近く結婚式がある方などは必見です!

ドレスコードとは?

ドレスコード(dress code)とは、とある場所に参加する場合の『服装ルール』 あるい『服装の格の指定』のことで 冠婚葬祭やパーティー、公式行事など、その場にふさわしい服装の基準、服装のマナーのことをいいます。

出典: www.formal-manner.com

その場によって、求められるドレスコードは違います。大事なのは、その場の雰囲気や主旨を壊さないことなのです。

そこで、ドレスコードが求められるシチュエーション別にどのような服装が求められるかまとめていきます!

白はNG!?「結婚式」のドレスコード

結婚式におけるドレスコードで最も大事なのが『新郎新婦よりも目立たない』ということです。

あまり目立つ格好は良くありませんが、かといってカジュアルな格好で行くのは問題外です。ここでは、結婚式にNGな服装をまとめていきます。

白はアウト

常識ですが、「白」のドレスはNGです。白は花嫁の色ですので、絶対に避けましょう。

そして、写真写りや証明の当たり方によって白く見えてしまうような薄いベージュやピンクも避けましょう。
薄いピンク

薄いピンク

黒なら無難、と思われるかもしれませんが、黒はお葬式を連想させてしまうため基本的には好まれません。

しかもよくわからない男連中がこぞって黒いスーツで来る事が予想されますので、女性はなるべく黒いドレスは避けましょう。
今トレンドのバイカラーも避けた方が無難です。2色に分かれていることが「別れる」ことを連想させるため。出来るだけ単色のドレスを用意しましょう。

また、出来る事なら披露宴での新婦のお色直しのドレスの色を仕入れておき、被らないようにしたいところです。

露出NG

ミニや肩出しなどの露出の多いドレス、身体のラインが出るドレスも新婦より目立ってしまうため避けた方が良いでしょう。

二次会などと併用することを考えてどうしても肩出しのものを着たいのであれば、式中はボレロやストールなどで隠すようにしましょう。
見た目がカワイイので、冬場はファーを身につけてしまいがちですが毛皮は「殺生」をイメージさせるので良くないと言われています。

しかし昨今ではファーのボレロなどを身につけるスタイルが普及し、結婚式でもそれほど問題ないのでは?という意見もあります。

ダウンはNG

結婚式はフォーマルな場ですので、「きちんと」感が無くてはいけません。どれだけ綺麗に巻いていてもやはりダウンは好まれませんので、きちんと髪をアップにして望みましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS