壁やテーブルにもお絵描き!? ぺんてる「らくがきカフェ」が銀座に帰ってきた!

文具メーカー「ぺんてる」による「らくがきカフェ」が期間限定で銀座に帰ってきます。壁も床もテーブルも落書きし放題。そんな楽しい「らくがきカフェ」とはいったいどんなものなのでしょうか。今回は「らくがきカフェ」の魅力を紹介いたします。

ぺんてるのらくがきカフェが話題!

壁でも床でもテーブルでも、どこでも落書きしていいよ、なんて言われたら、子供だけでなく、大人だってテンション上がっちゃいますよね。文具メーカー「ぺんてる」による「らくがきカフェ」では、そんな夢のようなイタズラがし放題なんです。

今回は、思う存分、好きなだけ落書きが楽しめる「ギンザ ラクガキ カフェ アンド バー バイ ペンテル(GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel)」について紹介いたします。

ぺんてるの落書きカフェって?

ぺんてるによる「ギンザ ラクガキ カフェ アンド バー バイ ペンテル(GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel)」が、2017年2月4日~3月31日の期間限定でオープンしています。2014年と2015年にも開催され、今年は3回目の開催です。
店内の壁や床、テーブルや椅子、柱だけでなく、白い研究デスクや研究用の書籍など、なんにでも自由に落書きできちゃうんです。そして、ぺんてるの社員と銀座B.E.HOUSE日比谷バーの調理スタッフが共同開発したユニークなメニューの数々を楽しめます!

今年のテーマと開催期間

今回のテーマは「RAKUGAKI FACTORY」というだけあって、工場をモチーフにした内装になっています。お店を運営しているのは、文具メーカーとしておなじみの「ぺんてる」で、らくがきを通して表現する楽しさが体験できるように、店内にはさまざまな仕掛けがいっぱいなんです。
開催期間:2017年2月4日(土)~3月31日(金)

銀座「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」

地下鉄銀座線「銀座駅」A1出口から、歩いて1分!「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」は「NOCO」の7階にあります。昼間はカフェとして、18:00からはバーとして利用できる、とってもお洒落な空間なんです。入口では白衣をまとった研究員が出迎えてくれます。
今回は、記念撮影用「ぺんてる巨大くれよんパッケージ(箱)」が設置され、なつかしいぺんてるの広告やポスター、製品パッケージも展示されています。そして、どこもかしこも落書きし放題!壁紙は定期的に交換してくれるので、タイミングが良ければ真っ白な壁に落書きできるチャンスも。

メニューもぺんてるらしさ全開

フレンチフライポテト・パレットスタイル

カラッと揚がったポテトフライを、7色の絵の具風のソースにディップしていただく、らくがきカフェでは定番のメニューです。マスタードやケチャップは分かるけれど、水色や白色は果たしてどんなお味?

カラフルサインペンピザ

出典:www.instagram.com

フルサイズ1050円/ハーフ600円(税別)

野菜とカニを使った虹色のカラフルピザです。ぺんてる自慢のカラフルペンをモチーフに考案されました。野菜たっぷりなので女性にはうれしいですよね。味も見ためも大満足なガッツリ系の人気メニューです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう