おにぎらずの最終形⁉︎ 今年は「おにロング」が花見やハレの日に大活躍♩

おにぎらずの進化形「おにロング」を作ってみませんか?断面部分が多いので見栄えばつぐん!おにぎらずよりも細長いので、とっても食べやすいんですよ。発案者であるのりぴーさんの動画レシピからアイデアまで、魅力を詳しくまとめてみました。

進化系おにぎらず「おにロング」誕生!

おにロングの写真

Photo by macaroni

手軽さと多彩なアレンジで一大ブームを巻き起こした「おにぎらず」。そんなおにぎらずの、フォトジェニックな進化形が誕生しているのはご存知ですか?その名も「おにロング」。おにぎらずよりもさらに彩りよく、そのうえ具材がたっぷりはいるので栄養価もばっちり!しかも難しくないという夢のようなレシピなんです。

「おにロング」って?

「おにロング」とは、インスタグラマーである、のりぴー(@noriko0o)さん発案のロングバージョンのおにぎらずです。具材がズラリと並んだ姿がとってもかわいいですよね。おにぎらずのポイントである断面が長いので、SNS映え抜群!長方形なので切る方向を間違える心配もいりません。

「食べやすさはどうなの?」と思われるかもしれませんが、細いので意外と食べやすいのだそうですよ。おにぎりのように大ぐちを開けなくていいというのは、女子としてもうれしいですよね。

今回はのりぴー(@noriko0o)さんの許可を得て、作り方とアレンジアイデアをご紹介します!

おにロングの基本のレシピ

出典: instagram.com

材料

・全形海苔
・ご飯
・お好みの具材

作り方

1. ラップの上で海苔を3等分にカットし、横長になるように少し重ねて並べます。
2. 酢飯を真ん中に適量乗せ、平らになるよう広げて整えましょう。
3. お好みの具材を酢飯の上に並べ、覆うように酢飯をかぶせます。
4. 海苔の両端を折りたたんで包み、酢飯が出ないよう手でしっかりと押さえましょう。
5. ラップでギュッと包み、そのまま横半分にカットすれば完成です。

おにロングのアイデア4選

具材によってガラリと変わる印象も魅力の「おにロング」。今回は発案者であるのりぴーさんが作ったほかのアイデアもご紹介します。

1. 味玉をたっぷり使って

こちらは特製の味玉を4個も使ったおにロング。トロ~っととろけた姿がまさに飯テロですよね。デビルおにぎらずをモデルに作ったそうですが、この断面をみていると悪魔の誘惑に負けてしまいそうです。

のりぴーさんがおっしゃるには、5日じっくりと漬け込んだ味玉を使うと味がしっかりしておいしいのだとか。作る際は味玉がやわらかいので力加減にご注意くださいね。

2. ミートボールで食べ応えばつぐん!

具材にミートボールを使えば、食べごたえがグッとアップ!間に半分にカットした味玉がはさんであるので、見た目もとってもキュートなおにロングに仕上がっています。お弁当や朝食に出せば、男性はもちろん育ち盛りのお子さんも喜びそうですよね。

仕上げに胡椒がパラリとふってありますが、ミートボールのたれやマヨネーズをかけてもおいしそうです。最後にかけるもので味や見た目の変化が楽しめるのも、おにロングの魅力かもしれませんね。

3. たっぷり野菜で萌え断に

特集

SPECIAL CONTENTS