今日から試したい!春の肌トラブルを防ぐ生活習慣5つのカギ

ついこの間お正月だったと思えば、早いものでもう3月に突入。もうすぐ桜の季節ですね。この季節はお肌がピリピリしたり、ごわついたり……季節の変わり目の今だから気をつけたい、春に起こりやすい肌トラブルの原因と対策について解説します。

2017年3月5日 更新

早めに対策!

春になると、肌がピリピリしたり、ごわついたりすることはありませんか?実は、春の肌トラブルにはさまざまな要因があり、冬の乾燥肌ケアだけを続けていては改善がみられないことも・・・・。そこで、春の肌トラブルの原因と対策について解説します。

春の肌トラブルを引き起こす要因とは

スギ花粉によるアレルギー

花粉症の原因となる植物には、スギ・ヒノキ・イネ・ブタクサなどがあり、一年を通して花粉が飛散しています。

その中でも、飛散量がずば抜けて多く、影響を及ばしやすいのがスギ花粉。2~4月に目の周りや頬の赤みが起こります。症状が花粉の飛散量に伴って変化するなら、花粉による皮膚炎の可能性があります。

体内に入り込みやすい黄砂

中国の乾燥した地域から、偏西風に乗って日本に運ばれてくるのが黄砂(コウサ)と呼ばれる砂塵。

この黄砂には、ダニやほこりだけでなく、排気ガス・工場地帯から出た有害物質・排気ガスが含まれていて、花粉症と似た症状や肌荒れを引き起こします。

また、花粉よりも粒子が細かいため、体内の奥まで入りやすく、症状が長引くこともあるようです。黄砂が襲来するのは3月~5月。この時期に症状が出るようなら黄砂によるアレルギー症状の可能性があります。

急激に増加する紫外線

冬のなごりを感じる3月頃の紫外線量は、なんと残暑厳しい9月頃とほぼ同じ。冬に欠かせなかった乾燥対策だけでなく、紫外線へのケアもすることが大切です。

環境の変化によるストレス

春は、季節の変わり目であるとともに、進学や就職など環境の変化も起こる時期です。過度にストレスを感じると、肌のバリア機能が低下し、かゆみ・ピリピリ感・赤みなどを感じる敏感肌になってしまうことも。

さらに、ストレスで自律神経やホルモンのバランスが乱れると、肌のごわつきを引き起こしてしまいます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_repro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう