ローディング中

Loading...

最近、日本でも少しずつ定着し始めている「イースター」の意味、ご存じですか?カラフルに彩られた卵やうさぎを飾るかわいらしいイメージがありますが、その意味や楽しみ方が気になりますよね。今回は、イースターについてまとめてみました。

イースターってどんな日?どんな意味?

イースターとは

イースターとは、キリスト教の祭事のことで、日本語では「復活祭」と言われています。十字架にかけられて命を落としたイエス・キリストが、3日後に復活したことを記憶・祝うお祭りで、キリスト教徒にとっては最も重要なお祭りとされています。

イースター当日は日曜日の1日だけですが、その前後1週間ほどを「イースター期間」としている国や地域もあり、この時期の多くの教会で特別な礼拝が行われています。キリスト教信仰心が強い国や地域では、お店なども早く閉まってしまうことや長期休みに入ってしまうことが多いため、旅行の際は注意が必要です。日本で言う年末年始のような感覚ですね。

そんなイースターですが、ハロウィンやクリスマスなどと比べるとまだまだ日本での認知度は低め。「卵やうさぎをかわいく飾る」ということは分かっていても、そもそも何を祝う日なの?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回はイースターの由来や楽しみ方などについてまとめてみました。

イースターの由来

キリスト教徒にとって最も大切なイベントと言っても過言ではないイースター。ですが、元々はキリスト教とは全く関係のない、春の訪れを祝うお祭りだったのです。

今では国や地域に関係なく信仰者がいるキリスト教ですが、布教の際、その土地その土地の風習を取り入れて少しずつ形を変え、現在の形に至ったとされています。

そのなかで、現在のイースターを作るきっかけとなったのがアングロサクソン地方(現在のデンマークやドイツ付近)で行われていたお祭りでした。この地方では、古くから春の女神「Eostre」を奉り、冬から春へと季節の移ろいを祝うお祭りが行われていたのです。寒さが厳しいデンマークやドイツ。植物が芽吹く春の訪れはたいそう嬉しいことだったのでしょう。

草木が芽吹き、動物たちが生気を取り戻す様が、十字架で処刑されたのちに復活したイエス・キリストのイメージと重なり、現在のイースターの形になったとされています。

2017年のイースターは4月16日!

ハロウィンやクリスマスと異なり、イースターは毎年日付けが異なります。具体的には、「春分の日の後、最初の満月から最も近い日曜日」とされており、3月20日~4月25日の間に該当することが多くなっています。

ですが、この数え方に関しては、私たちが普段慣れ親しんでいる西暦(別名:グレゴリオ暦)なのか、ギリシア正教などの間で親しまれているユリウス暦なのかによって異なります。ずれ幅が大きい年には、1ヵ月以上も差があるとは驚きですよね。

ちなみに、2017年のイースターに関しては、グレゴリオ暦で計算した場合もユリウス暦で計算した場合も4月16日に当たるそうですので、迷わなくて良さそうですね。今年を逃すと、次は2025年まで日付けが一致することはないそうですので、2017年はとても貴重なイースター年と言えるのではないでしょうか。

イースターは信仰を深める1日

前述の通り、イエス・キリストの復活を祝うイースターは、キリスト教徒にとって敬虔な日とされています。イースター当日も含め、前後1週間ほどのイースター期間中の教会では、聖歌を歌ったり、聖書を朗読するほか、献金や共同祈願、聖餐式などいつも以上に熱心に取り組む信者も多いのだそうです。

食事の一部を断つ儀式も

イースター当日までの40日間を「レント」(日本語では四旬節)と呼び、ここからイースター前日まで断食または節食をする儀式もあるのだそうです。私たち日本人の感覚からすると、いくら信仰心が強くても1か月以上断食までする必要があるのかと思ってしまいますよね。

これは、イエス・キリストが荒れ野で40日間断食を行なったことにちなんでいます。この期間中は、節食の場合も卵や肉、乳製品、油を控え、魚や野菜をメインにするのが一般的です。お酒類の制限は特にないようですが、栄養源である卵や肉などを1か月以上も控えなければならないのはなかなか厳しいですね。

この他、レント(四旬節)の前日にあたる火曜日に、これから当面控えなければならない卵を大量消費してしまおうという意味でパンケーキを食べる習慣もあるのだとか。現在ではこの決まりもかなり緩やかになったようですが、いかにキリスト教徒にとってイースターが大切な日であるかが分かりますよね。

イースターエッグって何?

「イースターエッグ」とは、色を付けたり、花やリボンをあしらってかわいらしくデコレーションされた卵のことを言います。イースターの詳しい歴史や由来は分からなくても、このイースターエッグについては知っているという方も多いのではないでしょうか。

最近では、日本でもイースター付近になるとこのイースターエッグをモチーフにしたスイーツなどが販売されており、少しずつ知名度も上がってきているようです。そんなイースターエッグですが、そもそもなぜイースターに卵を飾るのでしょうか。イエス・キリストとどのような関係があるのでしょうか。

なぜイースターに卵を飾るの?

先ほどからお伝えしている通り、イースターとは、十字架に架けられて命を落としたイエス・キリストが復活した日です。そこから、イースターは生命の復活(誕生)を意味し、誕生の証とも言える卵を飾るようになったのだそうです。

イースターエッグの色や飾りに関しての決まりは当時も今も特にないようですが、春を思わせるパステルカラーや花柄が多いのも、「元々は春の訪れを祝うお祭り」「生命の誕生=春」などが関係しているのかもしれませんね。

再生のシンボルはうさぎ?イースターバニー

「イースター」と聞いて、卵と同様、もうひとつ思い浮かべるのがうさぎではないでしょうか。最近はイースター付近になると、うさぎがイースターエッグを運んでいる絵が描かれたスイーツや雑貨などを見かけるようになりました。

そんなイースターに欠かせない存在であるうさぎですが、これにはどのような意味があるのでしょうか。

なぜうさぎがシンボルになったのか

古代より、うさぎは子孫繁栄のシンボルとして親しまれてきました。また、春の象徴としてもうさぎは知られていますよね。このことから、卵が生命の誕生を表すことと合わさって、うさぎもイースターのシンボルになったのではないかと言われています。

生命の誕生を祝い、子孫繁栄を願う・・・イースターエッグとイースターバニーにはこのような想いが込められているのですね。

イースターの楽しみ方

日本でも少しずつ認知度が上がってきたとは言え、まだまだ知られていないイースター。キリスト教徒ではないし、具体的に何をすればよいの?と思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、イースターの楽しみ方をいくつかご紹介します。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

記憶に残る誕生日を!大阪で夜景が見える高級レストラン7選

記念日やデート、プロポーズなど、「今日は絶対にはずしたくない!」という日にオススメ!素敵な夜景と、シェフこだわりのおいしい料理はあなたの大切な人との時間をさらに盛り上げてくれるでしょう。大阪でおすすめの店をま…

“ハイブリッドおせち”と名付けたい--シャンパンに合う「洋風おせち」とことん食レポ

2014年10月1日より、株式会社ポジティブドリームパーソンズ(以下PDP)が手がけた“シャンパンに合うおせち”をテーマにした洋風おせち料理「KANDOU NIPPON おせち with ヴーヴ クリコ」が予…

かわいい手作り『ストロベリーマン』をクリスマスケーキに乗せたい♡

つぶらな瞳がカワイイ「ストロベリーマン」の作り方動画をご紹介します!このままでもカワイイですが、ケーキに乗せたらもっと可愛いはず。簡単に手づくり出来ますので、お家でクリスマスの方はクリスマスケーキに乗っけてみ…

こんなに違うの!? 世界のお正月料理まとめ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

【レシピ】チョコレートプディングカップケーキ*バレンタインにピッタリ!

2015年バレンタイン。本命のお相手が「甘党男子」だったら絶対このレシピ!甘いチョコレートカップケーキの真ん中に、イチゴが入っています!まるでいちご大福を初めて見たときのあの感動!是非、おうちで半分にカットし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

【日本酒ランキング】酒のプロが選ぶ1,500円以下のおいしい日本酒

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

石川観光におすすめ!加賀フルーツランドで旬の果物を満喫しよう♪

石川県加賀市にある加賀フルーツランドは、旬なフルーツ狩りから、フルーツバイキング、さらにはバーベキューも楽しめる人気スポット。フルーツ狩りはシーズンによって変わり、何度も楽しめます。今回は加賀フルーツランドの…

夏目漱石も愛した!「坊ちゃん団子」は、見た目もかわいい愛媛の銘菓

「坊ちゃん団子」をご存じですか?なんともかわいい名前ですが、実は愛媛県の歴史ある銘菓のひとつ。3色のお団子を串に刺した、手のひらサイズのかわいらしいお団子です。坊ちゃん団子とはなにか、名店の「うつぼ屋」や「つ…

できる大人は知っている!失敗知らずの正しいワインの開け方

ワインを飲むとき、いつもコルク栓がスマートに開けられない……そんな悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。力任せに開けると、途中でコルクが割れてしまうことも。そこで今回は、失敗知らずのワインの正しい開け…

ページTOPに戻る