いちご×ハバネロ⁉︎ 新調味料「アマネロ」の甘辛さは未体験の世界!

「アマネロ」ってなんだかわかりますか?「あまおう」と「ハバネロ」を合わせたものなんです。え?余計にわからない?実は「アマネロ」とはごはんにも合う調味料なんです。今回はそんな斬新な「アマネロ」について紹介いたします。

ごはんにも合ういちごの調味料が話題!

あまおうと言えばとっても甘いいちご。ハバネロと言えばとっても辛い唐辛子。そんな両者が合体したら?今、ごはんにも合うといういちごの調味料が話題なんです。

甘いけど辛い。どんな味なのか気になりますよね。今回は、そんなちょっと怖いもの見たさの調味料「アマネロ」について紹介いたします。

あまおう+ハバネロ=「アマネロ」⁉︎

68グラム入り540円(税込)

福岡県柳川市産のいちご「あまおう」と、激辛唐辛子ハバネロを組み合わせた調味料「AMANERO(アマネロ)」が、九州の一部地域やアンテナショップなどで販売されました。JA柳川が開発した商品で、ふるさと納税の返礼品としてとても人気があるんです。
激辛唐辛子のイメージを裏切り、パッケージにはハートがあしらわれ、とてもキュートなものになっています。そのお味は、口の中に甘みが広がったあと、いきなり辛みが襲って来るのだとか。甘いのか辛いのかよく分からない不思議な調味料なんです。
これを食べる前の人は口を揃えて「こんなもんおいしいのか?」「どんな味か想像できない」なんて拒絶気味ですが、食べた人は「辛いけど、めっちゃフルーティないちご味!」「クセになる~」などと絶賛しているようです。今、新感覚調味料がジワジワと人気を集めているんですよね。

あまおう農家の悩みから生まれた商品

アマネロは福岡のJA柳川が1年半をかけて開発し、コックソース株式会社が製作した商品です。あまおうといういちごの名前は、「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとってつけられたってご存じでしたか?つまりあまおうは、いくらおいしくても、丸くて大きくなければ「あまおう」として出荷できないんです。

あまおうの旬はとても短く、販売期間も短いんです。そのためたくさんのあまおうが廃棄処分になっていました。そんなあまおうを上手に活かしたのがアマネロなんです。アマネロはあまおうとハバネロをペースト状にして煮詰めたものです。その配合がとっても難しかったようですね。

甘いものにも辛いものにもあう!

では、甘いあまとうと辛いハバネロで作ったアマネロは、一体どんなものと合うのでしょうか。日本には「甘辛い」という味の表現があります。実は「甘い」と「辛い」はとても相性がいいんです。

おすすめの食べ方1 バニラアイスにかける

いちばんのおすすめはバニラアイスにかけていただくこと。テレビで羽鳥慎一さんも絶賛していました。なんといっても際立ついちごの甘い香りが、普通のバニラアイスを特別なものへと変身させるんです。あとからくる辛味と相まって、とっても上品なお味になるんだそうですよ。

おすすめの食べ方2 唐揚げにかける

さっくり揚がったアツアツの唐揚げに、たっぷりのアマネロもまた相性バツグンなんです。ほかにもピザやパスタにも合うようで、タバスコの感覚で使えそうですね。お味噌汁に入れる、なんてツワモノもいるようです。豚汁に七味唐辛子をふる感覚でしょうか。甘いものにも辛いものにも何でも合う調味料なんですね。

アマネロの販売店舗は?

東京都内「ザ・博多 有楽町店」

特集一覧

SPECIAL CONTENTS