桜餅の葉っぱ、食べる?食べない?気になる葉の種類まで丸ごと調べてみた

春の風物詩、桜餅。桜餅を食べる際、みんさんは葉っぱまで食べますか?お家に招かれて桜餅を出されたときに葉っぱを食べるのは正解なのか間違っているのか気になってしまう方もいるかもしれませんね。実際のところ葉っぱはどうするべきかお答えします!

2017年3月12日 更新

オオシマザクラの葉っぱ

桜餅が発祥した当時、サクラといえばオオシマザクラでした。ソメイヨシノ(染井吉野)は、歴史的には新しい品種で、エドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)の交配種。明治時代以降に広まった桜なのです。

まだソメイヨシノが広まっていない時代に作られた桜餅は、オオシマザクラの葉っぱが使われていました。その名残からか、多くの桜餅に今でもオオシマザクラの葉っぱが使われています。

葉っぱを食べるか迷ったら

マナーは無いとはいえ、人前で食べる際、葉っぱを食べるか迷うこともあると思います。
そんな時は、以下のポイントを参考にしてみてください。

・相手に不快を与えないような食べ方を心がける
・一緒に食べる人に合わせる
・綺麗にはがせそうならはがす(難しそうなら一緒に食べる)

おうちで桜餅を作ろう!

春の訪れが感じられ、なんだか心も温まる桜餅。老舗和菓子店のものを食べるのもよいですが、ご自宅で手作りしてみませんか?

桜餅

こちらは関西風、道明寺のレシピ。電子レンジで簡単にできるので、料理があまり得意でない方にもおすすめですよ。あんこは包み切らなくても、サンドした状態でも十分。これならお子さんと一緒にも作れますね。
▼ ほかにも色々なレシピを紹介しています。ぜひご覧ください。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう