まるごと買っても大丈夫!大根が長持ちする保存方法のコツまとめ

味噌汁や煮物、大根おろしなど…日々の食卓に欠かせない「大根」。ですが、1本まるまる使い切るのは、なかなかむずかしいですよね。そんな人でも大丈夫!今回は大根のおいしさが長持ちする保存方法や、賞味期限などまとめてご紹介します。

2017年9月19日 更新

どのように保存すればよいの?

常温保存や冷凍保存の場合、葉っぱは切り落としてから保存すると説明しました。ですが、切り落とした葉っぱの保存方法については、一度洗ってから細かく刻み、フリーザーパックやタッパーにいれて冷凍保存がおすすめです。

保存期間について

冷凍した大根の葉っぱの保存期間は約1ヶ月です。ですが、こちらもあくまで目安です。使用する際は、必ず見た目やニオイで判断するようにしましょう。

このような大根を食べるのには要注意!

保存方法をしっかり守っても、冷蔵庫の種類や大根の質によっても大きく変わってきます。見た目やニオイなどはもちろんですが、その他にも食べるのを控えた方良いポイントがいくつかあるんですよ。順番に見ていきましょう。

触ったときに柔らかく感じる

大根を触った際、柔らかく感じたときは食べるのをやめた方がよいでしょう。中が腐っている場合もありますし、何より柔らかくなっていることは、水分が抜け、食べ頃を過ぎて悪くなっている証拠です。
5 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう