連載

アイスの中にグミをイン!「ぷっちょアイスバー」の冷えぷち新食感にぞっこん♩

「ぷっちょ」がアイスになったってご存じでしたか!? ヨーグルト風味のアイスにソーダ味のグミを入れたアイスバー。その食感は、やっぱりかなり独特でした……。「こんなのはじめて!」という人も多いだろうこのアイスの味わいを、実食レビュー!

「ぷっちょ」がアイスバーになった!?

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、2017年1月24日(火)より全国販売されている井村屋「ぷっちょアイスバー」をご紹介します。
「ぷっちょ」といえば、UHA味覚糖の人気ソフトキャンディですね。「子どもの頃によく食べた!」という人、大勢いるんじゃないでしょうか。

今回は、そんな「ぷっちょ」と井村屋がコラボレーション!ヨーグルト風味のアイスに「ぷっちょグミ(ソーダ味)」を入れたユニークなアイスバーに仕上がっているんだとか。「意外性がいい!」「けっこうおいしい♩」とウワサの味、はたしていかなるものか、確かめてみました♩

外装も中身もさわやかなソーダ色

販売元は井村屋ですが、見た目は完全に「ぷっちょ」仕様。青を基調としたパッケージには、おなじみのロゴと謎多きあのキャラクターが描かれています。
中身を出してみると、ほんのりと青みがかったアイスバーが現れました。外光の影響でちょっと黄色く見えるかもしれませんが、これは主に陽射しの色。ベースのヨーグルト風味アイスは白く、中に入っているグミはブルー。ソーダ味といえばやはりこの色ですね。
うっすらと見える粒状のものが「ぷっちょグミ(ソーダ味)」。どれくらい入っているのか、包丁で端を切って見てみることにします。
どうでしょう。側面も含めてみると、かなり入っていそうなんですが、切った場所が悪かったのか、断面には数がないですね。うっすらと見えるグミの粒、わかりますか?
断面をアップにすると若干不気味ですね。ちょっと生き物っぽいというか……。
気を取り直してかじりついてみると、ヨーグルト風味のアイスはかなりクリーミーで、ねっとりとしています。甘酸っぱくて、さわやかでいてまろやかで、なかなかにおいしい♩
口の中で溶けたアイスからグミが出てくると、風味は途端にソーダ味に。冷たいグミをあまり口にしたことがないせいか、なにやら不思議な食感と思えます。弾力のある「ぷっちょグミ(ソーダ味)」が噛むたびにグニョグニョと形を変えるのが楽しい!食感をおもしろがっているうちに、あっという間に1本食べきってしまいました。

不思議な食感が楽しい魅惑のアイスバー

そんなわけで、「ぷっちょアイスバー」、ごちそうさまでした!
ヨーグルト風味のアイスは食感、味ともに濃厚で、さわやかな見た目から意表をつくような味わいでした。それでいて、ソーダ味のさわやかさな香りもしっかり楽しめるのがこのアイスのポイント。ヨーグルトとソーダの風味って相性いいんですね!
また、食感のおもしろさも魅力的。こんなアイスなら、食べていて飽きることはないんじゃないでしょうか。

多くの人にとって、このアイスは新たな食感の提案となるはず。気になる方にはぜひ一度手に取ってほしいです!
(文・写真:植松)

商品情報

特集

SPECIAL CONTENTS