連載

まさかの牛鍋×ミラノ!ドトール「ミラノサンドすき焼き」の甘辛お肉に恋しそう♩

人気ではスタバを超えた!?と話題のドトールから、ユニークでとってもおいしそうな冬の新作ミラノサンドが登場!その味は、なんと「すき焼き」♩日本の鍋料理とイタリア風サンドイッチの融合がどんな結果をもたらしたのか、実食で確かめました!

ドトール「ミラノサンド すき焼き」新発売!

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、2017年1月19日(木)よりドトールコーヒーショップ(以降ドトール)で販売されている新商品「ミラノサンド すき焼き」をご紹介します。
ドトールのプレスリリースによると、このメニューは「日本の鍋”すき焼き"をイメージした冬の新作ミラノサンド」。ミラノサンドといえばドトール定番のパニーノタイプのサンドイッチですが、それをすき焼きをイメージして作ったということのようですね。
以前の季節限定ミラノサンドも評判のよいものが多かっただけに、その仕上がりに期待したいところです!

「すき焼き」の具材をチェック!

さっそく紙袋を開き、「ミラノサンド すき焼き」を取り出します。
カリカリのバゲットと、その中からチラッと見える牛肉&シャキシャキレタス。照り焼きソースのような甘いにおいが漂ってきました。
食べたくてたまらない気持ちを抑え、バンズをずらして中を見ます。
一番下に敷かれているのはレタス。見た目にも張りがあって、歯ごたえがよさそう。
「すき焼き」といえば当然牛肉ですね。お店や作るスタッフによって増減もあるのでしょうが、たっっぷりと入っていて、見ているだけでうれしくなります♩
お肉の上には九条ねぎと水菜がのっていて、さらに上から卵黄ソースがかかっています。甘辛のやわらかそうな牛肉と九条ねぎ、水菜、そして卵黄。こうして具材を並べてみると、なるほど、すき焼きだ!

カットして実食!たしかにすき焼き!

ミラノサンドは半分にカットすると食べやすいんですよね。ブレッドナイフで斜めに切って、実食開始。思いきりかじりついて、その味わいを堪能します。
「すき焼き」ですし、お肉の調味にはやはり割り下を使っているんでしょうね。甘辛な味付けで、食感はやわらか。量が多いこともあり、口の中が牛肉の旨みでいっぱいになりました。見ているときだけの間は気づかなかったんですが、加熱した玉ねぎも入っていて、その甘みもお肉の味を引き立てています。
時折感じられる九条ねぎとレタスのシャキシャキとした歯ごたえも楽しいし、卵黄ソースも具材とマッチしています。溶き卵に入れたすき焼きの具をそのままバケットに挟んでも、こんなにおいしくはならないはず。ドトールさん、すごいです!

牛肉を食べたくなったらドトールへ

特集

SPECIAL CONTENTS