有名ショコラティエが手掛けるソフトクリームが登場!新宿小田急チョコレートの祭典「ショコラ×ショコラ」

新宿小田急でチョコレートの祭典「ショコラ×ショコラ」が開催。大切な方へのギフトはもちろん、「その場で楽しむ」「自分が楽しむ」をテーマに、有名ショコラティエが手掛けるソフトクリームも登場。大切な方と一緒に、会場に足を運んでみては?

2017年1月18日 更新

新宿小田急がチョコレートの祭典「ショコラ×ショコラ」を開催

小田急百貨店新宿店が本館11階催物場にて、1月27日(金)~2月14日(火)の期間中、国内外の100ブランド以上を集積するチョコレートの祭典「ショコラ×ショコラ」を開催。その場で食べられるソフトクリームから、ギフトのチョコレートまで豊富に取り揃えられています。

有名ショコラティエが手掛けるソフトクリーム

ピエール マルコリーニ

ピエール マルコリーニ

食べ比べが楽しいソフトクリーム。「ショコラ×ショコラ」では、5ブランドからソフトクリームやジェラートが登場。有名ショコラティエが手掛けるできたての口どけを楽しむことができます。
カカオマーケット by マリベル

カカオマーケット by マリベル

【ソフトクリーム展開ブランド】
『カカオマーケット by マリベル』『ショコラティエ パレ ド オール』『ピエール マルコリーニ』『ヴィタメール』『宇治園』

カカオにこだわったタブレットタイプのチョコレート

カカオスーヨ

カカオスーヨ

「自分チョコ」として、カカオ本来の魅力が楽しめるタブレットタイプ。今回は、日本人ショコラティエの先駆者としてチョコレートの魅力を広げてきた『ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ』の土屋公二シェフが手掛けるビーン・トゥ・バーのセレクトショップ『カカオストア』が出店するなど、10ブランド以上の個性豊かなタブレットチョコレートが取り揃えられています。
ボナ

ボナ

【タブレットタイプのチョコレート展開ブランド一例】
『ボナ(カカオストア)』『カカオスーヨ(カカオストア)』『オハベルデ(カカオストア)』『ディック・テイラー』『ラーカチョコレート』『マノアチョコレート』『レタープレス』『カカオマーケット by マリベル』『トロワグロ』ほか

世界各国のチョコレートで、旅気分を味わえるのも◎

オットー

オットー

各国の食文化によって味わいの異なるチョコレートで、旅気分を味わうのも「ショコラ×ショコラ」の楽しみ方のひとつ。今回は、フランス、ベルギーを中心に、オーストリア、イタリア、アメリカ、イギリス、ドイツ、スペイン、ベトナムなど多彩なブランドを展開しています。フランスからは、ノルマンディ地方を拠点に注目を集める『オットー』が日本初上陸。
チョコレート

シャルボネル・エ・ウォーカー

イギリスからは英国王室認定の老舗ショコラトリー『シャルボネル・エ・ウォーカー』が、ベトナムからはハイカカオチョコレート『マルゥ チョコレート』が初登場。
ショコラ ドゥ シマ

ショコラ ドゥ シマ

日本のブランドでは、幅広いカテゴリーでチョコレートを追い求めるチョコレート探検家・チョコレートくんが手掛けるブランド『ショコラ ドゥ シマ』に注目です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう