ローディング中

Loading...

日本では、女性が意中の男性へチョコレートを渡して想いを伝える日として知られているバレンタインデー。ですが、そもそもバレンタインデーの意味は?海外事情は?今回はバレンタインについてまとめました。

2月14日はバレンタインデー!

日本では、女性から想いを寄せる男性へチョコレートを渡して気持ちを伝える日として知られているバレンタインデー。毎年、2月に入る頃には百貨店やコンビニでも様々なバレンタイン商品が販売されていますよね。
学生時代、意中の男性が受け取ってくれるかどうか、前日の晩は緊張して眠れなかったという経験がある方も多いのではないでしょうか。また、直接渡すことができず、机の中に入れてしまったという方もいるでしょう。最近では、想いを寄せる男性のみならず、日頃お世話になっている方や、女性同士で交換する「友チョコ」なども普及し、少し前までとはバレンタインの意味合いも変わりつつあります。
そんなバレンタインデーですが、そもそもいつ頃から始まったのでしょうか。また、なぜバレンタインデー=チョコレートなのでしょうか。今回は、そんなバレンタインデーにまつわる由来や歴史、海外のバレンタイン事情についてまとめてみました。

バレンタインデーとは

そもそもバレンタインデーとはいったい何なのでしょうか。先述の通り、日本では、女性が想いを寄せる男性へチョコレートを渡して気持ちを伝える日と、女性にとって大切なイベントとなっていますが、本来はカップルが愛を誓う日なのです。
「お菓子屋さんが売り上げアップのために始めた施策だ」などと言った説もありますが、バレンタインデーは日本独自のものではなく、れっきとした世界共通のイベントなのです。では、海外のバレンタインデーはどのように取り扱われているのでしょうか。

海外では「Valentine's Day」

日本では「バレンタインデー」と言うのが一般的なのに対し、英語圏の国では「Saint Valentine's Day」と呼ぶのが一般的です。直訳すると「聖バレンタインの日」。つまり、バレンタインとは人の名前だったのです。世界規模のイベントになるほど影響力のあったバレンタイン氏とは、いったいどのような人物だったのでしょうか。

バレンタインのはじまりはいつから?

バレンタインのはじまりは実に古く、ローマ帝国の時代にまでさかのぼります。当時の兵士たちは、自分の家族や愛する人と別れたくないという理由から、戦争行きを拒否する者が後を絶えませんでした。これに見兼ねた当時の皇帝クラウディウス2世が、「このままでは国がダメになってしまう」と、結婚禁止令を出してしまったのです。
もちろん、これには兵士たちも大反対。そんな時、行動を起こしたのがキリスト教司祭であったバレンティヌス(バレンタイン)でした。彼は、こっそりと兵士たちの結婚を助けてしまったのです。ですが、このことがのちに皇帝の耳に入り、バレンティヌス(バレンタイン)は2月14日に処刑されてしまいました。兵士を救うために起こした善意の行動で命を落とすという悲しいエピソードがバレンタインデー始まりの背景にはあるのです。
以降、ローマでは2月14日は恋人たちがプレゼントやカードを贈り合う日となり、これが現在のバレンタインデーの始まりとなったと言われています。

獄中からはじまったバレンタインカード

皇帝に背いたとして、269年の2月14日に処刑されてしまったバレンティヌス(バレンタイン)ですが、その以前に皇帝はバレンティヌスにチャンスを与えようと、罪を認めローマ教に改宗させようとしました。しかし、これを拒否したことにより、バレンティヌス(バレンタイン)は投獄されます。
もしかしたら殺されてしまうかもしれないという状況のなかで、バレンティヌス(バレンタイン)は看守たちに愛を語り続けました。そして、獄中で1人の看守と親しくなり、処刑される前にその看守に手紙を残したのがバレンタインカードの始まりではないかと言われています。
このことがきっかけで、男性が女性に想いを伝える際、2月14日に手紙を出すようになり、これが次第に広まっていき、現在のようなスタイルになったとされています。現在では、男性からとは限定せず、男女からプレゼントする際にも使われるようになりました。その起源には、バレンティヌスの切ないエピソードがあったんですね。

バレンタインの別の意味

バレンタインは、「Valentine」と記載する場合と、小文字で「valentine」とする場合があります。小文字で記載されているvalentineには、先ほどご紹介したバレンティヌス(バレンタイン)の名前を表す以外に別の意味もあるんです。

カードの意味

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ふわとろっと好コスパ♩パブロ監修「チョコパイ」第4弾は抹茶香るチーズケーキ味

お菓子 チョコレート パイ

ロッテから、焼きたてチーズタルト専門店パブロ監修『チョコパイ』の第4弾「チョコパイ <PABLO監修和のチーズケーキ 京味仕立て>」が発売!500万個を売り上げた前作を超えるヒットとなるかもしれない新作を、実…

待望のイエロー♩「ザ・チョコレート ブリリアントミルク」でお口がお花畑に!

チョコレート

明治の大人気シリーズ「ザ・チョコレート」に、ついに待望の新商品が登場しました!その名も「可憐に香る ブリリアントミルク」。パッケージの鮮やかなイエローが目を引きます。華やかな香りが特徴のペルー産カカオ豆を使用…

行列の味をセブンで♩「マックスブレナー」コラボアイスは味も食感もカラフル!?

スイーツ チョコレート マシュマロ

イスラエル発祥のチョコレートブランド「マックスブレナー」がセブン-イレブンとコラボレーション!あの人気商品をモチーフに、新アイスを生み出しました。行列のできる人気店の味をコンビニで気軽に味わうこのチャンス………

テレビで人気再燃!憧れの高級アイス「ビエネッタ」にママ世代が夢中!

アイスクリーム チョコレート スイーツ

レースのようにひらひらと折り重なったクリームが美しい、高嶺の花だった高級アイスのビエネッタ。コンビニではなかなか無いので、初めての方も多いはず。懐かしいという方も初めての方も、なめらかなくちどけをどうぞ。

チョコが奏でる魅惑の重奏!ローソン×ゴディバ第3弾は迷ったら両方買うが大正解

スイーツ チョコレート ガトーショコラ タルト

第1弾のロールケーキに続き、第2弾のショコラプリンも大きな話題になったローソン×ゴディバのコラボスイーツ。この秋発売された第3弾は、なんと2品同時リリースです!「ショコラタルト」と「ガトーショコラ」、それぞれ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

やっぱり気になる!?カフェのフードメニューカロリーをまとめてみた。

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

食べ物にまつわるしょうもないギネス記録『10』選

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

安いお米も絶品に!すぐ試したくなる「美味しいお米の炊き方」決定版

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

女心をくすぐるポップでかわいい「おちょこ」5選*プレゼントにも最適

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

いくつ知ってる?便利すぎる料理&キッチンの裏技22選!

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

「ゴーヤチャンプルー」の味付けをさっぱり仕上げるには?アレがおすすめ!

おつまみ

沖縄の郷土料理であり、夏の定番おかず「ゴーヤチャンプルー」。今回ご紹介するのは、いつもとはひと味違うゴーヤチャンプルーのレシピです。梅干しと“ある調味料”を使うだけで、さっぱり風味の、おつまみにぴったりなひと…

日本のソウルフード!「味噌汁ダイエット」は飲み方次第ですごい効果

まとめ

野菜やキノコなどが入った具沢山なお味噌汁を、毎日おいしく食べるだけで成功に導く「味噌汁ダイエット」は、スリムなボディと免疫力の高いカラダ、潤う色白お肌まで手に入るミラクルなダイエット。底知れない味噌パワーとと…

連載記事

シャキシャキ食感にやみつき!『セロリの簡単浅漬け』レシピ

おつまみ 日本酒 和食

シャキシャキとした食感が美味しいセロリ。洋食に使う食材というイメージが強いですが、実は和食や日本酒との相性も良いんです!今回は、混ぜるだけで簡単にできるセロリの浅漬けレシピをご紹介。よく冷えたお酒と一緒に楽し…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る