絶品クレームブリュレレシピ♪ バーナーなしでもおいしく作れる!

表面はカリカリ、中はとろとろ♪ 今回は、数あるスイーツの中でも人気のクレームブリュレの基本的なレシピと、バナーなしでも作れる簡単レシピをご紹介します。お店で売っているような、絶品クレームブリュレを自宅で作ってみませんか?

2020年1月17日 更新

本格!クレームブリュレの基本レシピ

表面はガスバーナーでぱりぱりに焼き上げ、中はとろとろに仕上げるクレームブリュレの基本的なレシピです。工程はとても簡単なので、ぜひガスバーナーを用意して作ってみて下さい。バニラビーンズは加えると風味がよくなりますが、なくてもおいしく作れますよ。

バーナーなし!クレームブリュレの簡単レシピ4選

1.スプーンで焼き付け♪ ほうじ茶のクレームブリュレ

牛乳と生クリームと一緒にほうじ茶を入れて煮出し、卵黄と砂糖を合わせたものに漉しながら加えて、型に入れてオーブンで焼きます。鍋でカラメルを作って冷やしたブリュレにかけて、熱したスプーンで焼き付けています。口の中にカラメルの香ばしさと、ほうじ茶の香りが広がりますよ。

2.サフラン入りのクレームブリュレ

牛乳と生クリーム、サフランを合わせて温めたものを使うと、鮮やかな黄色に仕上がります。器に入れてオーブンで焼いたら、冷めたあとにグラニュー糖をかけて熱したスプーンをあてて焦げ目をつけます。サフランの香りを楽しみながら、紅茶と一緒にいかがでしょうか?

3.オーブンのグリル焼き

生地を作り、オーブンで蒸し焼きにして冷やしたあと、グラニュー糖と黒砂糖を混ぜたものを茶漉しでムラなく振りかけて、バーナーで焦げ目がつくまで焼いています。カラメルはグラニュー糖だけでもできますが、黒砂糖を混ぜると、少し風味のついたカラメルになりますよ。

4.オーブントースターで手軽にクレームブリュレ

こちらはオーブントースターを使って、カラメルだけを別で作っています。アルミホイルの上に、ココットよりひと回り小さい円になるようグラニュー糖をのせて、オーブントースターで2~3分焼きます。カラメルが冷めたら、ココットで冷やしかためておいたブリュレにのせてできあがり。あっという間にでき、カラメルを別で作ることで生地に火が入りすぎることなく、カリッカリのカラメルができますよ。

お家でクレームブリュレを作ろう

クレームブリュレはそのおしゃれな見た目から、さぞ作るのがめんどくさそうと思いきや、実は自宅でも作れるんですよ。バーナーがなくてもおいしく作れるんですよ!ぜひ、作ってみてくださいね。
▼お家で作れる簡単スイーツはこちら

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生師/Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう