連載

スタバの新たな選択肢!「ディカフェ」でカフェインレスのイメージが激変しそう

カフェインを摂れない方に朗報!この冬、スターバックスコーヒーがディカフェの販売をスタート。エスプレッソドリンクすべてでディカフェを楽しめるようになりました。今回は、このディカフェメニューの味と香りを実飲レビューでご紹介します。

スタバのディカフェドリンク販売スタート

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、2017年1月11日(水)から全国のスターバックスコーヒーで販売がスタートする「ディカフェ」ドリンクをご紹介します。
「前からあったじゃん!」という人がいるかもしれませんが、これまではドリップ、カフェミストのみの提供だったスタバのディカフェ。それが、今後はすべてのエスプレッソドリンクでディカフェを楽しめるようになったんです。

ディカフェって?その魅力とは

知らない方のために説明すると、ディカフェとはいわゆるカフェインレスのコーヒーのこと。ヨーロッパやアメリカでは、コーヒー全体の10%以上の市場を占めるほど需要が高まっています。
たとえば妊婦さんはコーヒーを控えた方がよいと言われていますが、カフェインレスのディカフェなら安心して楽しめます。また、睡眠前やリラックスしたいとき、カフェインが入っていないディカフェはうってつけですよね。
日本では、ディカフェというと、「おいしくない」「薄い」「コクがない」「香りがない」なんてネガティブなイメージをもっている人が大勢いますよね……。でも、今回スタバが販売を開始するディカフェについては、過去の味気ないディカフェたちとは一線を画す仕上がりになっているとか。
では、いったいどんな風味を楽しめるのか。実飲レビューをまじえてご説明いたします。

「ディカフェスターバックスラテ」の味は

今回、スターバックスコーヒー広報部のご好意により、皆さまよりもひと足早くディカフェを味わうことができました。
上の画像は「ディカフェスターバックスラテ」。スタバの定番メニュー「スターバックスラテ」のディカフェ版です。
きめ細かくてやわらかな泡。これはふつうのスターバックスラテと同じですね。でも、大切なのはこの泡の下。はたして風味はどうなのか。
答えを先に言うと、いつもどおりの味でした。そう、ほとんど同じだったんです。ディカフェになったことで味が落ちることもなければ、香りが弱くなっていることもありません。正直、「どの程度劣化を抑えているか」という見方をしていたので、これには心から驚きました。

「ディカフェ モカ」もまさかの味わい

次に、「ディカフェ モカ」をいただきます。わざわざ説明するまでもないとは思いますが、「カフェモカ」のディカフェ版ですね。
ディカフェ モカのアップ

Photo by macaroni

通常のカフェモカ同様たっぷりとのった、やわらかそうなホイップクリーム。肝心なのはその下ですが、こちらもラテと同じ感想です。
おいしい♩……じゃなくて、カフェモカと「ディカフェ モカ」の味の違いがわかりません。たぶんその場で飲み比べてもわかりません。それくらい、両者の差が見つからないんです。
発表会にはmacaroniのほかにもたくさんのメディアが足を運んでいましたが、多くの記者がその味に感心しているようでした。

ディカフェがこんなにおいしい理由は

特集

SPECIAL CONTENTS