新ねとめし誕生⁉︎ 食卓に咲きほこる「薔薇餃子」がマネしたくなる可憐さ♩

新ねとめし「薔薇餃子」はご存知ですか?作り方は、いつもの餃子にちょっとひと手間加えるだけととっても簡単。特別な材料も必要ありません。今回は気になる作り方から餃子以外の薔薇レシピ、2016年に流行したねとめしまでたっぷりご紹介します。

2020年1月6日 更新

薔薇マッシュポテト

付け合わせの定番マッシュポテトも、絞り袋で絞ればかわいい薔薇に大変身!ブラックペッパーでおめかしすれば、これだけで立派な前菜になりそうですよね。サラダにはもちろん、クラッカーに乗せてもかわいいですよ。

薔薇生ハム

生ハムもククルクルと巻けば、立派な薔薇の花に。こちらのレシピでは、クラッカーにクリームチーズ入りタルタルソース、大葉、生ハムを重ねてカナッペにしています。特別な日にこんなにかわいいひと品がでてきたら、キュンとときめいちゃいそうですよね。

ほかにもまだある!注目のねとめし

トンデリング

クルクル巻くねとめしといえば、輪切りにした玉ねぎを豚バラ肉で巻いた「トンデリング」も一大ブームとなりましたね。オニオンリングの進化系だそうですが、衣をつけたり揚げたりしなくていいのはとってもうれしいポイントです。味がしっかりしているので、ご飯にはもちろんビールにも合いそうですね。 ▼過去のmacaroni記事でも紹介しています

卵とチーズのカレーパン

最近のねとめしでいえば「卵とチーズのカレーパン」も話題になりました。カレーパンをくり抜いて卵とチーズを乗せて焼くだけという簡単レシピですがこれが「ヤバイおいしい」とツイッターで評判に。とろ~りとろけた卵の黄身がたまらないですよね。カロリーは少々怖いですが、試してみたくなる逸品です。 ▼過去のmacaroni記事でも紹介しています

アクマのキムラー

餃子との中華つながりでいくと、魅惑のラーメン「アクマのキムラー」も気になるねとめしです。卵、キムチ、ニラ、チキンラーメンの絶妙な一体感……一度食べたらヤミツキになる悪魔の誘惑に、落ちてしまった方もきっと多いのではないでしょうか?いけないとわかりつつも真夜中にすすりたくなる、まさに悪魔のようなねとめしです。 ▼過去のmacaroni記事でも紹介しています

2017年も「ねとめし」に期待!

見栄え抜群の薔薇餃子は、いつもの食卓をパッと華やかにしてくれそうな素敵なねとめしでしたね。デザートや前菜も薔薇レシピで揃えて、薔薇パーティーをしてもきっと盛り上がるのではないでしょうか? さまざまな定番メニューが生まれた、2016年のねとめし。次は一体どんなメニューが生まれるのでしょう?2017年もとっても楽しみですね。 ▼2016年「ねとめし」ランキングもチェック!
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS