新ねとめし誕生⁉︎ 食卓に咲きほこる「薔薇餃子」がマネしたくなる可憐さ♩

新ねとめし「薔薇餃子」はご存知ですか?作り方は、いつもの餃子にちょっとひと手間加えるだけととっても簡単。特別な材料も必要ありません。今回は気になる作り方から餃子以外の薔薇レシピ、2016年に流行したねとめしまでたっぷりご紹介します。

2017年1月27日 更新

3. 食紅で本物のバラのように♩

薔薇といえばやっぱり赤も素敵ですよね。水に溶いた食紅で皮を染めれば、情熱的な赤い薔薇餃子も作れます。レタスの上にのせれば見栄えもアップ!ホームパーティーにいかがでしょうか?

4. チョコとバナナでスイーツにも

おいしいご飯のあとは、甘いスイーツが欲しいところ。皮が余ったらホワイトチョコとバナナを包んでチョコバナナ薔薇餃子にしてみてはいかがでしょうか?オーブントースターで焼くだけなので、お子さまと一緒でも安心して作れますよ。アイスやシロップをトッピングしてもGOODです。

5. キムチを入れて韓国風に♩

餃子のタネにキムチを入れて、ピリッと刺激的な薔薇餃子にするのもいいですね!豆板醤ソースをかけることで、見た目にも鮮やかなひと品に。さらにパクチーやバジルを添えれば、より彩り豊かに仕上がりそうです。ぜひ、試してみてくださいね♩

餃子以外にも!薔薇レシピ3選

薔薇アップルパイ

薔薇レシピはまだまだ他にもありますよ。こちらは「薔薇アップルパイ」。一見難しそうですが、冷凍パイシートを使っているので意外と簡単に作れます。かわいいので女子受けやインスタ映えも抜群。おいしいリンゴが手に入ったら、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう