ローディング中

Loading...

旬の時期にぜひ生をのものを味わいたい、たけのこ。「生だと傷みやすいし、保存方法が難しそう」とお考えのあなた!実はたけのこは保存方法によっては1年間保存ができる優れものだと知っていますか?ここではアク抜きの方法と正しい保存方法をご紹します。

たけのこの保存はどうしてる?

春の味覚の代表のひとつ、たけのこ。ごはんにしたり、わかめとともに若竹ににしたり・・・たけのこ料理を食べることで毎年春の訪れを実感するという方も多いのではないでしょうか。

そんなたけのこ、実は春以外でも生で食べられることをご存じでしたか。たけのこは産地や竹の種類によって大幅に収穫時期が異なり、なんと「早掘りたけのこ」は正月から3月上旬に収穫されるそうです。日頃、水煮のたけのこを使う方が多いと思いますが、スーパーなどで生のたけのこを見かけたらぜひ手に取ってみてください。生のたけのこ特有の爽やかな香りと、柔らかい中にもシャキシャキっとした歯触りは格別ですよ。

ただ残念なことに、たけのこは足が早いお野菜。きちんと保存しないとすぐに傷んでしまうため、正しく保存することが重要です。冷凍保存や塩漬け保存など、保存方法によっては保存期間が1週間〜1年と大きく異なりますので、おすすめの5つの保存方法をご紹介していきます。

そのまま保存はNG!

たけのこは掘り出された直後から、時間が経つにつれてアクが強くなり、鮮度が落ちてくると苦みやエグミが出てきます。そのため、何もせずにそのまま保存することはできません。アク抜きの為に下茹でをしてから保存する必要があります。

皮つきのままで2、3日が限界

茹でずにそのままの状態で保存する場合、皮つきであれば、2〜3日程度なら冷蔵庫で保存ができます。ですが、2〜3日以内に使う予定がない場合は、これからお教えする保存方法を参考に長期保存をしてみてください。

たけのこの茹で方

掘ったばかりのたけのこは生でも食べることができますが、一般に販売されている生のたけのこは時間が経過しているため下茹でが必要です。下茹では保存をするためにも必要な工程ですので、詳しくご紹介します。

準備するもの

・米ぬか(米のとぎ汁、お米でも代用可):約1カップ
・鷹の爪:1〜3本

手順

1.外側の厚い皮を2~3枚剥がし、汚れを洗い落とします。
2.穂先を斜めに5cmくらい切り落とします。
3.中に小さな空洞があるので、縦に切り込みを入れ、手で軽く広げます。
4.お鍋にたけのこを入れ、たけのこが完全に浸かるくらいまで水を入れます。
5.4に米ぬか約1カップと鷹の爪を1~3本入れます。
6.鍋に蓋をして火にかけ、沸騰してから弱火で1時間程度煮ます。水が減ってきたら、必ず水を足してください。
7.茹で上がったら、茹で汁に浸かった状態で2~4時間かけて冷まします。茹で上がりの目安は、たけのこの根元部分に竹串を刺し、スッと通るくらいです。
8.切り込み部分から皮をはぎ、水洗いをしてから水に浸しておきます。米ぬかが少々残っていても問題ありません。
皮にはたけのこを柔らかくしてくれる成分が含まれているので、皮ごとゆでるのがポイント。米ぬかを入れるのは、えぐみの成分を取るためですので、米ぬかが無いときは米のとぎ汁やお米で代用してください。

冷蔵庫での保存方法

1.茹でてアク抜きしたたけのこをタッパーなどの密閉容器に入れます。
2.たけのこが浸かるぐらいお水を入れ、冷蔵庫で保存します。

容器の水は毎日変えるのはもちろん、水に濁りがある場合は濁りが消えるまで水を交換してくださいね。

保存期間

この方法ですと、保存期間は1週間程度です。ですが、保存状態によっては途中で傷む場合もあります。カビや色がついた水が出てくるなどの異変を感じたら、食べずに捨ててくださいね。

冷凍庫での保存方法

1.茹でたたけのこの水気をしっかり取ります。
2.薄くスライスするか、千切りなど細かくカットします。
3.カットしたたけのこは、フリーザーバックに入れて冷凍保存しましょう。

たけのこは水分があるため、よく水分を切らないと、解凍したときに水分が溶けてスカスカになってしまいます。水気をしっかり取るようにしましょう

また、煮物などに使うのであれば砂糖をまぶす方法もおすすめです。フリーザーバックに入れたあとに、300gのたけのこに対して砂糖大さじ1をまぶし、たけのこに揉みこんでください。砂糖は、水分と結合しやすい性質を持っているので、砂糖をまぶすことにより溶け出す水分を砂糖がキャッチしてくれるようです。
これにより、シャキシャキとした食感が残り、水分と一緒に流れ出るはずの栄養素や旨味も閉じ込めることができるので、風味も残った冷凍たけのこができますよ。

保存期間

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

弁当もお酒もコレ一枚!花見にピッタリ粋でかわいい風呂敷ブランド『5』選

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

世界中で愛されている焼きプリンのアレンジレシピ5選

大人から子供まで誰もが好きなスイーツの一つ、プリン。プリンのレシピは世界中にあり、その根強い人気を伺わせてくれます。電子レンジで作ったり蒸し器を使う方法もありますが、今回はオーブンで焼くレシピをご紹介します。…

亀戸「クラムワンズホッペ」でヘルシー&おいしいカフェタイム

ダイエット中でも安心して食べられる低糖・低カロリースイーツを提供してくれるカフェが、登場。2015年10月にオープンした「クラムワンズホッペ」は、糖質制限やカロリーを控えたいひとも、安心してお腹いっぱいになれ…

ダイエット中でも安心!ヘルシーコロッケ「ファラフェル」レシピ

「ファラフェル」とは、ひよこ豆を使った中東発祥のヘルシーコロッケ。ヴィーガンの方を中心に、NYなどの世界中で人気を集めているんだそう。もちろん、普通のコロッケではカロリーが気になるという人にもおすすめです。レ…

ページTOPに戻る