お皿に香りと彩り!パセリは冷凍保存&おいしいレシピで料理の主役

彩りに加えると料理が一気にオシャレになるパセリは、新鮮なうちに使い切るのは結構大変。そのため冷凍で保存する方法をぜひ覚えましょう!そこで今回は、少しの手間で賢く保存する方法や解凍方法、パセリのおすすめレシピをご紹介します!

2017年3月6日 更新

解凍方法

冷凍したパセリは、自然解凍でOKのため、そのまま調理が可能です。市販のドライパセリと同じように使えますよ。

スープやグラタンなど料理のトッピングはもちろん、ポテトサラダや卵焼き、フライの衣に入れたりしても彩りは良くなり、おなじみのメニューもより一層おいしく見えますね。我が家ではバターに練りこんでサンドイッチのパンに塗ったりもしています。目にも鮮やかでワンランク上のお料理が作れますね。

新鮮なパセリの選び方って?

パセリの冷凍保存法についてご紹介したが、どれだけ正しい方法で保存していても、買ってきた時点で傷んでいたのでは意味がありません。そこで、次に新鮮なパセリを選ぶ際のポイントをご紹介します。パセリは鮮度が落ちてくると、葉が萎れてきたり黄色味がかってきます。

そのため、パセリを選ぶ際は、
・葉や茎がハリのよいもの
葉が密集しているもの
・色が濃い緑色のもの

上記の点に注意しながら選んでみましょう。

悪くなっているパセリとは?

「冷蔵庫の野菜室で眠ったままになっていた!」「冷凍保存したものの、1か月以上放置していた!」など、うっかりパセリの存在を忘れてしまう場合もあるかと思います。そんな時のために、食べられないパセリの状態も知っておきましょう。

特に家庭菜園などで作ったパセリは下記の特徴がみられた場合は、病気の可能性もあるため要注意です。1つでも下記の状態が見られた場合は食べない方がよいでしょう。

・葉の色が緑ではない(茶色、黄色、黒色など)
・葉に白いカビのようなものがはえている
・異臭がする(腐ったような臭いで、いつものパセリの臭いではない)
・ぬめっている


スーパーマーケットなどでは、悪くなっているパセリを販売していることはまれだと思いますが、念のため確認してから買うことをおすすめします。

パセリが主役のレシピ!

パセリは飾りだと思っていませんか?いえいえ、主役としても活躍できるのです!パクチーブームに続いて、パセリブームがくる時代も近いかも?今回はそのなかでもおすすめの4種類のレシピをご紹介します。

1 パセリのピラフ風

パセリをメインに、キヌアを使ったレシピです。キヌアには食物繊維やカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などの栄養素が豊富に含まれており、近年話題の食材ですね。販売するお店も急激に増えてきました。一見難しそうなメニューですが、材料をそろえてしまえば切って全て投入し煮るだけと、とても簡単に作れます。パセリの香りが食欲をそそりますよ!

2 パセリのナムル

こちらはパセリが完全主役のナムルです!材料はパセリと鶏ガラスープの素、白すりごま、ごま油の4つを和えるだけ!一度に大量消費できるので、買ってきたら冷凍保存する前に作ってください。パセリのもそもそする食感が苦手な方も、火を通すとしんなりして食べやすいのでぜひお試しを!
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう