お皿に香りと彩り!パセリは冷凍保存&おいしいレシピで料理の主役

彩りに加えると料理が一気にオシャレになるパセリは、新鮮なうちに使い切るのは結構大変。そのため冷凍で保存する方法をぜひ覚えましょう!そこで今回は、少しの手間で賢く保存する方法や解凍方法、パセリのおすすめレシピをご紹介します!

2017年3月6日 更新

”ドライパセリにして冷凍”する手順

1.新鮮なパセリをよく洗います。
2.キッチンペーパーでよく水気を切ります。ここで水気を残さないのがポイント。
3.一番太い茎から葉を摘み、キッチンペーパーを敷いた耐熱皿の上に重ならないように並べ、電子レンジ500ワットで2分ほど加熱します。
4.カリカリになっていればOK。まだならば30秒ずつ追加してカリカリにします。
5.フリーザーバックに入れて、上から揉んで粉砕して出来上がり。

パセリの量やレンジの熱の通りかたで、加熱の時間が変わってきます。一気に追加加熱せずに30秒ずつ追加してくださいね。

保存期間

生のまま冷凍したもので1か月程度ドライパセリにして冷凍したもので数か月日持ちします。ですが、これはあくまで目安であり、冷凍保存している間も常温や冷蔵に比べるとゆっくりとはいえ、少しずつ劣化は進んでいきます。風味も色味も落ちてしまう前に使い切りましょう。

解凍方法

冷凍したパセリは、自然解凍でOKのため、そのまま調理が可能です。市販のドライパセリと同じように使えますよ。

スープやグラタンなど料理のトッピングはもちろん、ポテトサラダや卵焼き、フライの衣に入れたりしても彩りは良くなり、おなじみのメニューもより一層おいしく見えますね。我が家ではバターに練りこんでサンドイッチのパンに塗ったりもしています。目にも鮮やかでワンランク上のお料理が作れますね。

新鮮なパセリの選び方って?

パセリの冷凍保存法についてご紹介したが、どれだけ正しい方法で保存していても、買ってきた時点で傷んでいたのでは意味がありません。そこで、次に新鮮なパセリを選ぶ際のポイントをご紹介します。パセリは鮮度が落ちてくると、葉が萎れてきたり黄色味がかってきます。

そのため、パセリを選ぶ際は、
・葉や茎がハリのよいもの
葉が密集しているもの
・色が濃い緑色のもの

上記の点に注意しながら選んでみましょう。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう