新鮮な状態で長持ちさせよう!

食べられる期間が限られているからこそ、少しでも長持ちさせて全部使い切れるようにしたいですね。ついついたくさん買ってしまった際は、ぜひ今回ご紹介した保存法を試してみてください。 そして購入の際は、よく見て傷みやすいものを買ってしまわないように気を付けましょう。甘くみずみずしい新玉ねぎ、上手に保存、調理して余すことなくいただきましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS