「ほうれん草」の冷凍保存方法を伝授!生でもゆでてもOK♪

みなさんは、ほうれん草をいつもどのように保存していますか? 実はもっともおすすめなのが冷凍保存。この記事では、生のまま冷凍する場合とゆでてから冷凍する場合の2パターンをご紹介するとともに、冷凍による栄養価の変化や、冷凍ほうれん草の活用レシピをまとめてみました!

2019年6月12日 更新

解凍方法、使い方

生の状態で保存しているため、一度加熱をしてから食べるようにしましょう。冷凍状態のままゆでたり、レンジで解凍するのがおすすめです。スープや炒め物に使う場合は、凍ったまま使えますよ。

お弁当にも便利!ほうれん草をゆでて冷凍する方法

ほうれん草を熱湯にサッとくぐらせる程度で固めにゆでたら、冷水にさらします。こうすることでアクが抜け、変色を防げます。ゆですぎると食感損なってしまうので注意しましょう。水気をしっかり絞ったら、使いやすい長さにカットしてフリーザーバックで密閉して冷凍庫へ。

保存期間

ゆでてから冷凍した場合も、生のときと同様に1ヶ月以内で使い切りましょう。解凍時に水っぽくなってしまうことがあるので、その点は気をつけてくださいね。

解凍方法、使い方

解凍する際は、レンジを使うのが基本です。ただし解凍時に水分が出るので、おひたしやごま和えなどを作ったりお弁当に入れる際は、解凍後にしっかりと水気を絞りましょう。炒め物やスープなどに入れるときは、火が入りすぎないよう最後に加えるといいですね。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう