連載

おいしさにもコミット!ファミマのライザップ監修スイーツが低糖質なのに本格的

ファミリーマートとライザップが共同開発した低糖質のスイーツが新登場しました。チーズケーキやカスタードプリンをはじめ、低糖質なのに本格的なおいしさが堪能できるので、ダイエット中の方、今日のおやつに、さっそくいかがでしょうか?

2018年7月3日 更新

ファミマにライザップ監修スイーツが登場!

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、全国のファミリーマート・サークルKサンクス(一部を除く)で発売中の、「ライザップ」と共同開発したスイーツを5種類ご紹介します。
トレーニングジムを経営している「ライザップ」。“結果にコミットする”というフレーズで有を、最早ほとんどの方が知っているはず。なんと「ライザップ」では、これまでの5年間で約6万人もの減量を行ってきたのだとか......。
そんな「ライザップ」と「ファミリーマート」が共同開発した商品は、パンやデザートなど全部で9種類。
その中でも今回、「チーズケーキ」、「カスタードプリン」、「ほろにが珈琲ゼリー」、「チョコチップスコーン」、「ふんわり食感チョコチップケーキ」の5種類のスイーツを食べてみました。

チーズケーキ(糖質 8.5g)

まず最初に食べてみるのは、「チーズケーキ」(税込 170円)。オーストラリア産のクリームチーズと、こだわりの天然甘味料羅漢果を使うことで、糖質が10g以下に抑えられているんです。
食べてみると、甘さは控えめだけどクリームチーズの濃厚な味わいがしっかりと感じられる「チーズケーキ」は、口当たりもなめらか。ほのかな酸味もあり、さっぱりとした後味に仕上がっていました。

カスタードプリン(糖質7.0g)

続いて、「カスタードプリン」(税込 168円)をいただきます。北海道産の純生クリームで作られている「カスタードプリン」は、一般的なカスタードプリンと比べると糖質が43%も抑えられています。
食べてみると、固めの食感ではありますが、口どけも良く卵の濃厚な味わいとクリームのコクが感じられる「カスタードプリン」は、低糖質とは思えないほど甘さがしっかりと感じられました。

ほろにが珈琲ゼリー(糖質4.1g)

続いていただくのは、「ほろにが珈琲ゼリー」(税込 198円)。糖質量を5g以下で仕上げたコーヒーゼリーには、ホイップクリームがトッピングされています。カロリーも94kcalと低いのがポイントです。
肝心の味の方は、ゼリーはコーヒーの味わいがしっかりと感じられます。さらにやわらかくプルプル食感に仕上がっています。

たっぷりとのったホイップクリームは、さっぱりとした風味で口どけもよく、コーヒーゼリーのほろ苦い味わいとよく馴染みます。

チョコチップスコーン(糖質19.8g)

続いて、「チョコチップスコーン」(税込 160円)をいただきます。小麦粉の一部を大豆粉や小麦たん白で代用して作られたスコーンは、1個あたりの糖質量が通常のチョコチップスコーンと比べるとなんと50%以下に抑えられているんです。
見た目は普通のチョコチップスコーンと変わりありませんが、食べてみると外はサクサク、中はしっとり食感の生地に大きめのチョコチップがたっぷりと練り込まれており、小麦の味とチョコの甘さがしっかりと楽しめます。ヘルシーなのにしっとりとおいしくいただけました。

ふんわり食感チョコチップケーキ(糖質12.0g)

最後に、「ふんわり食感チョコチップケーキ」(税込 180円)をいただきます。こちらの商品も、「チョコチップスコーン」と同じように小麦粉の代わりに大豆粉や小麦たん白が使われています。1個あたりの糖質量は通常のチョコケーキの50%以下です。
気になるお味は、カカオのほろ苦い味わいとチョコチップの濃厚な甘さが堪能できる、チョコレート好きも満足するおいしさです。

さらに思わずもう一つ食べたくなるような、しっとりふわふわな食感に仕上がっていました。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう