連載

旨みがギュッ!セブンイレブンの「海南鶏飯」が期待を超える本格アジアンおにぎり

セブンイレブンから首都圏限定で、「鶏の旨味たっぷり!海南鶏飯」が新発売されました。マレーシアやシンガポールをはじめ東南アジアで人気の「海南鶏飯」が、手軽にコンビニで味わえるのはうれしいですね!鶏の旨みがギュッと詰まったおにぎりです。

セブンの「海南鶏飯」に夢中!

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、首都圏のセブンイレブン限定で2016年11月8日(火)から発売されている商品「鶏の旨味たっぷり!海南鶏飯」(税込 140円)をご紹介します。

東南アジアの国民食「海南鶏飯」

「海南鶏飯」といえば、マレーシアやシンガポールをはじめとする東南アジアで国民食とされている料理です。
日本語では「ハイナンチキンライス」や「海南風チキンライス」などと訳されており、お店で食べたことがあるという方もいると思います。柔らかい鶏肉と、茹で汁で炊いたご飯がたまらなく美味しいんですよね!
そんな「海南鶏飯」がセブンイレブンでおにぎりとして発売されていたので、気になって購入してみました。

ご飯の上に鶏肉がたっぷり

「温めてさらにおいしい」と記載されていたので、袋のまま電子レンジで加熱して袋から取り出します。ほんのり茶色かかったお米の色は、まさに「海南鶏飯」そのものですね。
味飯の上にタレがのっており、その上には鶏肉がトッピングされていました。鼻を近づけると、生姜のような香りが感じられ、食欲をそそります。
鶏肉は表面だけのトッピングですが、厚みもあって充分に味が楽しめそうです。

鶏の旨みがギュッと詰まってる!

いったいどんな味に仕上がっているのか、セブンイレブンの「海南鶏飯」をいただきます!
パクっとひと口かぶりつくと、味飯は海南チキンライスの炊き方に近くパラパラとした仕上がりのご飯からは、鶏の旨みがしっかりと染み込んでおり、絶品です!
柔らかく煮られた鶏肉はパサパサしておらず、大きさもあるのでゴロッと感と味がしっかりと楽しめます。タレは甘辛で、お米と鶏肉に相まって、パクパクと食が進む味付けです。

手軽においしい「海南鶏飯」を食べよう

セブンイレブンの「海南鶏飯」、ごちそうさまでした!
味の再現度が高いので、まるで小さな「海南鶏飯」を食べているような気分になれるこの商品は、東南アジアの料理がお好きな方も納得できるおいしさに仕上がっているのでは?
食べ応えのあるジューシーな鶏肉がのっているので、お腹も満足できました。生姜の香りや風味もかなり効いているので、寒い冬には身体もポカポカに暖まりそう!
みなさんも、セブンイレブンで「海南鶏飯」を見かけたらぜひ食べてみてくださいね。
(写真・文:金居)

商品情報

商品名:鶏の旨味たっぷり!海南鶏飯
価格:130円(税込 140円)
発売日:2016年11月8日(火)
発売場所:セブンイレブン
発売地域:首都圏(埼玉一部を除く)

成分表示

カロリー 193kcal
タンパク質 9.0g
脂質 1.8g
炭水化物 35.2g
ナトリウム 742mg

特集

SPECIAL CONTENTS