あなたは鮭をなんて呼ぶ?「サケ」と「シャケ」の違いを確かめてみた

日本人にはお馴染みの魚、「鮭」。読み方にも「サケ」と「シャケ」のふた通りあり、川で生まれて海で育ち、また川に戻って産卵をするという不思議な生態の魚です。ここでは、そんな不思議な魚、鮭の謎に迫っていきたいと思います!

「サケ」と「シャケ」?

おにぎりの具材としてもなじみ深い「鮭」。ところで、この魚の名前、皆さんはどう読んでいますか?「サケ」、それとも「シャケ」でしょうか?そして、「サケ」と「シャケ」に、何か違いはあるのでしょうか?それから、スーパーや寿司屋で目にする「サーモン」とはどこが違うのでしょうか?川で生まれて海で育ち、また川に帰って産卵をすることで知られる鮭。ここでは、身近な魚であるにも関わらず不思議がたくさんある魚、鮭の謎に迫っていきたいと思います!

「サケ」と「シャケ」の違いって?

「鮭」を「サケ」と読まれる方も「シャケ」と読まれる方もいらっしゃるでしょう。しかし、あの広辞苑に載っている読み方は「サケ」のほうです。では、なぜ「シャケ」という呼び方が存在するのでしょうか。それには諸説ありますが、以下、代表的な説を紹介していきます。

方言説

最も有力な説が、この「方言説」です。方言説とは、江戸時代に江戸弁を使う人たちが「サ行」をうまく発音することができず、「サケ」のことを「シャケ」と訛って読んだという説です。江戸弁は、関東地方に限らず、全国のさまざまな地域で話されていたことから、全国的に「シャケ」という呼び方が定着した、と考えることができるのです。

鮭の状態で呼び方が変わる説

鮭の状態で読み方を区別するという説もあります。牛を例にとっても、生きている状態は「うし」と読み、食用の状態では「ぎゅう」と読むように、その状態によって読み方を区別するのではないか、という説です。この説では、生きている状態の鮭が「サケ」で、加工されて食用にされたものが「シャケ」と読む、とされています。確かに、鮭弁当のことを「シャケベン」と言ったりすることもありますよね。

その他の説

ほかにもさまざまな説があります。例えば、鮭の語源は、アイヌ語の「シャケンベ(夏食)」からきていて、アイヌ語には「サ」と「シャ」の発音の区別がなかったため、それを聞いた和人が両方の呼び方を使った、という説です。確かに、鮭の産地といえばなんといっても北海道なので、アイヌ民族にとっても馴染み深い魚と考えると、この説も信憑性がありそうです。
また、「塩ジャケ」・「紅ジャケ」のように「鮭」の前に何か付く場合、単純にその方が呼びやすいということから、「シャケ」という呼び方が生まれたという説もあります。とりあえず、どちらかの呼び名が間違っているということではなさそうですね。

鮭とサーモンはどう違う?

呼び方は人それぞれですが、同一の魚ではある「サケ」と「シャケ」。それでは、「鮭」と「サーモン」については、どのような違いがあるのでしょうか。
実際、鮭の英語名が「サーモン(Salmon)」というだけで、鮭とサーモンはまぎれもなく同一の魚です。しかしながら、回転寿司などで寿司ネタとして使われるサーモンは、鮭ではないことがほとんどなのです。
寿司ネタとして一般的に使われているサーモンの正式名称は、「サーモントラウト(トラウトサーモン)」と言い、本来は淡水魚であるニジマスを海で養殖したものなのです。実際、鮭には「アニキサス」と呼ばれる寄生虫が多く、本来生食には適さないのです。しかし、サーモントラウトは病害にも強く、生食が可能です。そのような事情から、多くの寿司屋ではサーモントラウトを「サーモン」という略称で提供していて、見た目もまるで鮭のような艶やかなピンク色をしていることから、寿司屋の「サーモン」を鮭であると誤解している人も少なくないのです。

鮭って川魚?それとも海魚?

「サーモントラウト」が鮭であるという誤解を生んでしまうほど、サケとマスは同じサケ科の魚であり、種族としてはかなり近い生き物なですが、英語では海と川を行き来するのを「サーモン」、淡水だけに暮らすものを「トラウト」と区別していたため、日本でも前者を「サケ」、後者を「マス」と呼ぶようになりました
この海と川を行き来する鮭は、日本の川で生まれ、アメリカやロシア近くの海まで行って大きくなり、3~4年経ったら卵を産むために自分の生まれた川に戻ってきます。これを母川回帰(ぼせんかいき)といい、なんと98%のサケが自分の故郷を間違えないそうです。なぜ自分の川に戻れるのか、その仕組みにはまだ多くの謎が残されています。
そんなサケは、海水魚と淡水魚のどちらに分類されるのでしょうか。実際、生まれた場所が淡水であることから、サケは淡水魚に分類されるのです。海の中で一生の大半を過ごすにも関わらず、サケが淡水魚だなんて、ちょっと意外ですよね。

謎がいっぱい「鮭」の魅力

特集

SPECIAL CONTENTS