6.サバのブイヤベース

トマト缶とサバ缶を使って簡単に作ることができます。ブイヤベースでは珍しく赤唐辛子を使って、ピリ辛のアクセントを。いつもとちょっと違う味を楽しめるのも楽しいです。サバは出汁をたっぷり吸い込むので旨みたっぷりです。

7.魚のアラから作るブイヤベース

固形スープなどは一切使わず、魚の出汁と野菜だけで使っているので、コク・深み・旨みが存分に感じられます。お店の味を家庭でも再現できますよ。魚のアラにふった塩の量で塩加減が変わるので、そのあとに入れる塩の量は味見をしながら調整してくださいね。

8.和風ブイヤベース

ブイヤベースで普通使われているのは白ワイン。そこに醤油を入れることによって、いつもとは少し違った和風のブイヤベースに仕上がります。だしはおいしいと評判の茅乃舎のだしです。こちらのレシピでは海老、あさりのほかに根菜類もプラスされた食べ応えのあるブイヤベースですよ。

9.野菜ブイヨンでブイヤベース

野菜ブイヨンを使ったブイヤベースになります。野菜ブイヨンを使うと味が分離してしまいそうと思うかもしれませんが、それが意外にも魚介の味を十分に引き出してくれるので、ますます旨みがアップするのです。ほのかに香るブイヨンの香りがたまらないですよ。

10.ブイヤベースおでん

おでんはどうしてもいつも同じ味になりがち。そんな同じ味に飽きたときは、いつものおでんに少し魚介、トマト、白ワインを加えてみてください。そうするとまた違ったおでんを食べることができます。一度に2つの違った味を楽しめるおでんとはとても新しいですね。

ブイヤベースのアレンジレシピ3選

1.リゾット

そのまま温めてチーズとご飯を入れるだけ。チーズのとろとろ具合が、出汁にも、具材にも、ご飯にもよく絡みます。残り物で作ったとは思えない本格的な味なので、次の日が楽しみになるレシピになっていますよ。

特集

FEATURE CONTENTS